「俳優・岡田健史」として爪痕を残した映画『死刑にいたる病』...高評価が集まる阿部サダヲとの息詰まる心理戦

「死刑にいたる病」
「死刑にいたる病」

有村架純の相手役を演じた「中学聖日記」(2018年)での鮮烈なデビュー以降、話題の映画やドラマへの出演が相次いでいる俳優・岡田健史(現・水上恒司)。『凶悪』(2013年)、『孤狼の血』(2018年)など数々の衝撃作で、日本映画界に革新をもたらしてきた白石和彌監督のサイコ・サスペンス『死刑にいたる病』(スターチャンネル1にて9月24日(土)に独占プレミア放送)では、阿部サダヲ演じる死刑囚に翻弄されていく大学生を熱演し、新境地を切り開いた。

岡田健史の好演も話題を呼んだ戦慄のサイコ・サスペンス「死刑にいたる病」
岡田健史の好演も話題を呼んだ戦慄のサイコ・サスペンス「死刑にいたる病」

(C)2022映画「死刑にいたる病」製作委員会

俳優デビュー作となった「中学聖日記」で、演技初挑戦ながら、有村扮する先生と禁断の恋に落ちる中学生・"黒岩くん"の真っ直ぐさと瑞々しさを見事に体現し、見る者の心をわし掴みにした。俳優という仕事に真っ白な心で懸命にぶつかっていく自身の姿と、先生への純愛を貫きながら大人になっていくキャラクターの姿がピタリと重なり、"黒岩くん"は視聴者にとって忘れがたい存在となった。

2022年9月からは本名・水上恒司名義で活動することが発表されたばかりだが、岡田健史としてクレジットされた最後の出演映画となった『死刑にいたる病』では、鬱屈と孤独に苦しむ大学生・雅也を好演し、俳優としての大きなチャレンジが大いに話題を呼んだ。

この記事の画像

放送情報

死刑にいたる病
放送日時:2022年9月24日(土)21:15~
チャンネル:スターチャンネル1
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

キャンペーンバナー

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事