清野菜名松坂桃李で映画『耳をすませば』が待望の実写化!

映画『耳をすませば』に出演する清野菜名と松坂桃李
映画『耳をすませば』に出演する清野菜名と松坂桃李

清野菜名と松坂桃李のW主演で10月14日(金)に公開される映画『耳をすませば』。本作の公開を記念して、ストーリーの見どころや共演陣のインタビュー、撮影現場のメイキング映像を盛り込んだ公開記念特別番組が衛星劇場で放送される。

原作は柊あおいが「りぼん」(集英社)で発表した青春恋愛漫画。1995年にスタジオジブリがアニメーション化して大ヒットを記録した。

主人公の月島雫は読書好きの中学生。図書館に通っていたことがきっかけで図書カードを通して気になっていた天沢聖司という名前の少年と出会う。やがて聖司には大きな夢があることを知り、その生き生きとした姿に次第に惹かれていくという甘酸っぱくファンタジックなストーリーだ。アニメ版では聖司役の声を高橋一生が担当したことでも話題になった。

(C)柊あおい/集英社 (C)2022『耳をすませば』製作委員会

■実写版では10年後の2人を清野と松坂が演じると話題に

映画の監督・脚本を手掛けるのは、ヒットメーカーの平川雄一朗。夢を叶えるためにイタリアに行く聖司と、離れ離れになってもまたいつか会おうと約束した雫。中学生の2人の淡い恋物語に10年後のストーリーを新たに加えたのが実写版だ。聖司に出会ったことで、自分も夢を抱き、大人になってからは児童書の出版社で編集者として働きながら作家になる夢を追いかける雫を清野菜名が演じている。

2年半の月日を経て完成した映画の裏側に迫った特別映像の中で清野は、「不安の中、いろいろ皆で考えながら撮影をどう進めていくかとか、いろいろ大変だったなと思って。とても可愛らしく甘酸っぱい映画になったと思います。沢山の人に絶対に観て欲しいです」とコメント。実写版の聖司はチェロ奏者を志している少年という設定で、壁にぶつかりながらもイタリアでチェロの腕を磨いている役を演じる松坂は「10年後の姿になっても、情熱があるが故の行き詰まり、真っ直ぐさみたいなものは残しておこうと思いました。そこが聖司らしさというか、雫に対しての想い、誠実さにも繋がると思う」と語っている。思春期だった2人がどんな大人に描かれているかも、見どころのひとつだろう。

■映画初出演の安原琉那を始め、共演には中川翼、山田裕貴、内田理央も

原作やアニメで親しんでいた人にとっては中学生時代のキャスティングなども気になるところ。実写版で中学生時代の雫を演じているのは映画初出演の安原琉那、聖司役は『アイネクライネナハトムジーク』などで知られる中川翼。野球部で雫に想いを寄せていた杉村を『るろうに剣心 最終章 The Final』に出演した荒木飛羽。10年後の杉村を山田裕貴が演じている。そして杉村に恋をしていた雫の親友・夕子を演じているのは『糸』『ラジエーションハウス』へ出演した住友沙来。10年後の夕子を内田理央が演じている。

山田裕貴と内田理央
山田裕貴と内田理央

(C)柊あおい/集英社 (C)2022『耳をすませば』製作委員会

もちろん、聖司の祖父(近藤正臣)が経営する不思議なアンティークショップ「地球屋」にあった猫人形のバロンや、雫と一緒に電車に乗ったりする野良猫・ムーンも登場するので注目だ。

文=山本弘子

この記事の画像

放送情報

映画「耳をすませば」公開記念特番
放送日時:2022年10月7日(金)20:15~
チャンネル:衛星劇場
※放送スケジュールは変更になる場合がございます

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

キャンペーンバナー

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事