RIZINオフィシャル アンバサダー・くるみが語る「RIZIN.28&29」の見どころ

格闘技イベント「RIZIN」が5月23日(日)に東京ドーム、5月30日(日)に大阪でバンタム級JAPAN GPを開催。「RIZIN」オフィシャル アンバサダーのくるみさんに、元王者・朝倉海を中心に他団体王者など16人が集結したトーナメントを含む2大会の見どころや「RIZIN」の魅力を伺った。

格闘技イベント・RIZINは'15年末の旗揚げ以来、打撃と寝技の両方が認められるMMAと、打撃のみのキックボクシングの両種目で試合を展開。その中でも日米を股に掛ける王者・堀口恭司を筆頭に盛り上がりを見せているのが、MMAバンタム級(61.0kg以下)だ。RIZINバンタム級JAPAN GPには堀口への挑戦権を目指し、16人の強豪が名乗りを上げた。

「格闘技ファンの間で今大会のメンバーを予想して盛り上がっていたのですが、出場が望まれていた選手、『ここで来たか!』と予想外の選手などがそろって、期待がすごく高まっています。この人選はみんなの予想をいい意味で裏切ってくれました。老舗団体・修斗の現役王者である岡田遼選手、ベテランの今成正和選手のエントリーには私もビックリしました」

バンタム級トーナメントを東京ドーム、丸善インテックアリーナ大阪で開催。渡部修斗×朝倉海など全8カードが予定されている

©RIZIN FF

抽選会で決定した1回戦の8カードは、5月23日(日)の東京ドームでの「RIZIN.28」、30日(日)の丸善インテックアリーナ大阪での「RIZIN.29」の2大会に分けて行われる。出場選手が発表され、興奮冷めやらぬくるみさんの注目カードは?

「渡部修斗×朝倉海、井上直樹×石渡伸太郎の2カードが特に楽しみです。優勝候補の朝倉選手は打撃が得意ですが、相手の渡部選手は寝技が強くてスタイルが真逆。朝倉選手が渡部選手に合わせるかどうかに注目しています。また、海外でも戦っていた井上選手と、激闘派の石渡選手の一戦は、どちらが勝ってもおかしくないですね。普通の大会だったらメインでできそうな試合が1回戦から実現しているのがすごいです!」

東京ドームでの格闘技興行は14年ぶり。そして、大阪大会には地元出身の大人気キックボクサー・皇治も出場する。RIZINの魅力を詰め込んだ2大会になりそうだ。

「今大会は全試合MMAということで楽しみですし、大阪大会は皇治選手率いる"皇治軍団"が大暴れしそう。『RIZIN』は現在、強過ぎて向かうところ敵なしの那須川天心選手もいますし、女子の試合も盛り上がっています。いろいろな選手が集まって、本当に強い人同士が戦える素晴らしい舞台なので、アンバサダーとしてもっと広めていきたいです」

くるみ●'94年6月29日生まれ、北海道出身。日本語・英語・中国語を話すトリリンガル。モデル・グラビアとして活躍。'20年1月よりRIZINオフィシャル アンバサダーを務める。1st写真「KURUMI」が6月21日(月)に発売される。

取材・文=高崎計三

この記事の画像

放送情報

RIZIN.28
放送日時:2021年5月23日(日)14:00~ほか
放送期間:2021年5月23日(日)~6月26日(土)
RIZIN.29
放送日時:2021年5月30日(日)14:00~ほか
放送期間:2021年5月30日(日)~7月3日(土)
チャンネル:BSスカパー!

視聴方法:本番組をご視聴いただくには、『視聴チケット』の事前申込みが必要です。
視聴料:各5500円

※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!のサブスク PLUSY 4Kテレビのサブスクサービス
スカパー!