堀口恭司が「格闘技」と「釣り」の今後のビジョンを語る

堀口恭司
堀口恭司

総合格闘家の堀口恭司が出演する「堀口恭司 釣真剣勝負!」が12月31日(土)に釣りビジョンで放送される。

同番組は、9月25日、日本中の格闘技ファンが注目する格闘技イベントで難敵を打ち破った堀口が、アメリカに帰国する前にどうしてもやりたいという釣りに密着する。天候に恵まれず大雨が降り続く中、ルアーのキャスティングゲームで東京湾の旬のターゲット(ワラサ、サワラ、シーバスなど)を狙った。

今回、釣りロケ直後の堀口にインタビューを行い、ロケの感想や釣りが好きになったきっかけ、釣りの魅力、釣りと格闘技の共通点、今後の展望などについて語ってもらった。

――番組出演を聞いた時の感想は?

「昔から釣り番組には出たいと思っていたので、素直に嬉しかったですね。渓流釣りとかもよくするんですけど釣れるのはマックス50cmとか60cmなので、それ以上のサイズを狙いたいと思ったらやはり海に行かないといけないので、『海釣りがしたい』というのはお願いさせていただきました」

――雨天の中での釣りとなりましたが、ロケの感想は?

「海釣りって、実は数回しか経験がなくて全然やったことがなかったのですが、楽しかったです!すぐにアタリはこなくて、船長がポイントを巡ってくれながらという感じで我慢の時間もあったんですけど、川の魚に比べてすごく引きが強かったので、そこは本当に面白かったですね」

――番組の見どころ、注目ポイントは?

「『堀口、こんな中で釣り行ったんだ...』というところですかね(笑)。まず、そこが"真剣勝負"でしたから。船長から『(海が)荒れてる方が釣れる』って聞いたんですけど、"果たしてこんな状況の中で釣れたのか"というのは見どころだと思います」

――釣りを好きになったきっかけ、釣りの魅力は?

「小学生の頃に親父に釣り堀に連れて行ってもらって、『釣り面白いな』って思ってからどんどんハマっていったという感じですね。自分は5歳から空手をやっていたんですけど、中学までは空手がすごく嫌いだったので、週6日空手に嫌々通って、休みの日に釣りに行くという感じでした。『どうやったら釣れるんだろう』って考えて、それが本当にかたちになった時にすごく達成感があるのが魅力ですね」

――一番印象に残っている釣りの思い出は?

「中学2年くらいの時にルアーでバス釣りを始めて、全然釣れなくて『ルアーなんて信じられない』って思っていたんですけど、高校1年か2年の時に夏休みで帰省した時に再びルアーを使ってバス釣りに挑戦したんです。その時に釣れて、『こんなおもちゃを食ってくるんだ!』って感動したのが忘れられないですね。それからルアーフィッシングにのめり込んでいきました」

放送情報

堀口恭司 釣真剣勝負!
放送日時:2022年12月31日(土)20:00~
チャンネル:釣りビジョン
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

この記事の画像

キャンペーンバナー

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事