古屋兎丸×小林裕和コラボ「少年たちのいるところ展」で松田凌らが登場!

『ライチ☆光クラブ』『帝一の國』の原作で知られる漫画家・古屋兎丸(ふるやうさまる)と写真家・小林裕和のコラボプロジェクト第二弾「少年たちのいるところ」展が、銀座・ヴァニラ画廊にて、10月3日(木)〜20日(日)の期間でスタートした。

「少年たちのいるところ」は、古屋兎丸が新潮社「GOGOバンチ」に、2016年10月から2017年6月に連載していた作品。今回プロジェクトでは、人気俳優の松田凌(佐野霧役)、有澤樟太郎(南野竜役)、星元裕月(奈良崎すばる役)、ゆら(梅木菜乃役)を起用し、作品の実写化した写真・短編映像・古屋兎丸描き下ろしイラストの総合展示を開催する。また、会場では限定グッズ販売の他、入場特典として原作者である古屋兎丸が今回の短編映像撮影のために描き下ろした絵コンテの複製ペーパーが、ランダムでプレゼントされる。

■古屋兎丸コメント

小林さんとのコラボ第2弾は写真展です!これは普通を求めれば求めるほど普通から遠ざかる主人公霧君を中心とした4人の少年少女達の少し歪んだひと夏を描いた青春ストーリーです。松田凌君は純粋でゲスく、エッチな「霧」を見事に演じでくれました。有澤樟太郎くんは根っから明るく、でも霧に依存する"友達依存症"の「竜」を明るく演じてくれました。星元裕月君は竜のことがが大好きなのに、あがり症で自己暗示をかけないとまともに会話できない「すばる」を、繊細に演じてくれました。ゆらちゃんは吸血鬼に憧れて霧を吸血鬼だと思い込む痛くも可憐な女子「菜乃」を漫画まんまの可愛さで演じてくれました。今回漫画原作で写真展、新しくないですか?僕がいつも個展を開催してる銀座ヴァニラ画廊での展示です。会場の全体構成、映像作品の絵コンテ、撮影現場での演技指導を担当しました。「少年たちのいるところ」に出てくる場所で撮影した完全再現作品です。今回A室では写真展示、B室では映像展示をします。ここには痛くも少し懐かしい青春が詰まってます。是非皆様お越し下さい!

■小林裕和コメント

古屋兎丸先生とのコラボプロジェクト第2弾として、「少年たちのいるところ」の写真展を開催させて頂く運びとなりました。プロジェクト第1弾のコンセプトフォトブック「アマネ†ギムナジウム~もうひとつの世界~」では、先生からのご要望もあり、僕自身のテイストも含めて、全力投球で表現に取り組ませて頂きましたが、今作では撮影現場で、兎丸先生自らの演技指導なども行って頂きました。僕自身も先生の演技指導に身震いしつつ、堪能しつつ撮影に取り組み、徹底的に"古屋兎丸"を感じられる作品群となったと思っています。原作がめちゃくちゃ面白く、面白く、そして最高のキャスティングを経て実現されたこの企画、是非写真展示と映像展示で、全身で味わって頂きたいなと思っています。

この記事の画像

展示会概要

「少年たちのいるところ展」
会場:銀座・ヴァニラ画廊
会期:2019年10月3日(木)~10月20日(日)
開廊時間:月曜日~金曜日12:00~19:00 / 土日祝・最終日12:00~17:00

古屋兎丸に関連するスカパー!放送情報はこちら

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!