藤井聡太二冠、勝負の夏へ!5月の対局を振り返る

藤井聡太二冠
藤井聡太二冠

タイトル防衛戦に挑む藤井聡太二冠。棋聖戦が渡辺明名人、王位戦が豊島将之竜王と最強の挑戦者を迎えることになった。順位戦も開幕し、過密日程とも戦う夏になりそうだ。
※対局予定棋士との対戦成績は藤井から見た過去の対戦成績

■連勝は19でストップも順位戦、叡王戦では制勝

5月6日に第69期王座戦挑戦者決定トーナメントで深浦康市九段と対戦。深浦の先手矢倉に藤井は雁木の構えで対抗。押し気味の内容で進めていたが時間切迫の中ミスが出ると逆転。時間を残していた深浦に冷静に対応されて敗戦となった。昨年度から続いていた連勝は19でストップ。

5月13日に第80期順位戦B級1組1回戦で三浦弘行九段と対戦。横歩取りから難しい戦いが続いていたが、三浦が巧みな指し回しでリードを奪う。苦しい時間が続いていたが粘り強い指し回しでついていき、チャンスをとらえて逆転。A級に向けて好発進となった。2回戦は6月3日(木)に稲葉陽八段(3勝1敗)と対戦する。

5月17日に第6期叡王戦本戦で行方尚史九段と対戦。矢倉の出だしから囲いもそこそこに力戦模様の展開となる。難解な形勢が続いていたが、じわじわと藤井が形勢をリード。行方の勝負手にも的確に対応し、快勝となった。

5月31日には準々決勝で永瀬拓矢王座と対戦。雁木から永瀬の趣向で力戦となるが、うまく動かれて苦戦に陥る。局面も時間も苦しかったものの、粘り強い指し回しを続けて混戦に。最後は双方一分将棋のねじり合いを制し、大きな逆転勝ちを収めた。準決勝では丸山忠久九段(1敗)と対戦する。

タイトル防衛戦に挑む藤井聡太二冠

■タイトル防衛戦に注目が集まる

第34期竜王戦は挑戦者決定トーナメントに進出。初戦で山崎隆之八段(1敗)と対戦する。

第92期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負は6月6日に千葉県木更津市「龍宮城スパホテル三日月」にて開幕。渡辺明名人(5勝1敗)を挑戦者に迎えての初防衛戦だ。

お~いお茶杯第62期王位戦七番勝負の挑戦者は豊島将之竜王(1勝6敗)に決定。七番勝負は6月29、30日に愛知県名古屋市「名古屋能楽堂」にて開幕する。

第29期銀河戦、前回優勝の藤井はHブロック最終戦での登場となる。放送は10月の予定。

第71回NHK杯将棋トーナメントで、シードの藤井は2回戦で深浦康市九段─都成竜馬七段の勝者と対戦する。

第42回将棋日本シリーズJTプロ公式戦は初戦シード。2回戦では羽生善治九段─千田翔太七段戦の勝者と対戦する。対局は9月25日の予定。

文=渡部壮大

この記事の画像

放送情報

第70期 王将戦 挑戦者決定リーグ戦 藤井聡太二冠 vs 永瀬拓矢王座
放送日時:2021年6月5日(土) 10:00~
チャンネル:囲碁・将棋チャンネル
※放送スケジュールは変更になる場合があります

藤井聡太の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!のサブスク PLUSY 4Kテレビのサブスクサービス
スカパー!