映画パーソナリティー・伊藤さとりが「踊る大捜査線」が与えた影響を語る

『踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを 封鎖せよ!』主演の織田裕二
『踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを 封鎖せよ!』主演の織田裕二

空前の社会現象を巻き起こし、日本のドラマおよび映画史に残る金字塔となった「踊る大捜査線」シリーズ。今回、スピンオフを含む劇場版6作品が一挙放送される「踊る」の魅力を伊藤さとりさんに語ってもらった。

シリーズの大ファンであり、本広克行監督とも親交がある伊藤さん。劇場版では監督独自の演出が際立っているという。

「1作目の『―THE MOVIE』には、特に本広さんの大好きなハリウッド大作やアニメ作品へのオマージュが随所に散りばめられています。それによってドラマを見ていた人だけじゃない、映画ファンもみんな楽しめるシリーズになったのではと思いますね。また本広監督の演出は少し変わっていて、画面のセンターにいる主人公だけでなく、背景にいる役者から一瞬だけ映るエキストラに至るまで、全員に演技指導しているんです。警察署内のシーンなんかは顕著ですが、ヒキの画がガチャガチャしていて、いま見ても細部に発見があるから面白い」
 
そんな画づくりの中で輝くのが、個性的な俳優たち。織田裕二らメインキャストだけでなく、当時は知る人ぞ知る存在だった俳優も多数出演している。

「登場人物のキャラが立っているのも『踊る』の魅力ですが、演劇界で話題になっている俳優や、本広さんお気に入りの人たちがキャスティングされています。ムロツヨシさんがスピンオフから登場したり、滝藤賢一さんが中国人刑事に扮していたり......今ほど注目されていなかった、『この人も出てたの!?』という役者たちがみんな楽しそうに演じていますよね(笑)。脇のキャラクターまで注目してもらおうという見せ方は『踊る』特有で、主人公は1人ではない、全員が主人公なんだということを体現した作品でもあるんです」

スピンオフ第1作の『交渉人 真下正義』
スピンオフ第1作の『交渉人 真下正義』

「交渉人 真下正義〈4Kデジタルリマスター版〉」©フジテレビジョン ROBOT 東宝 スカパー! WT

「踊る」のすごさは数字にも表れている。第2作の興行収入173.5億円という記録は、実写邦画ではいまだにトップだ。

「どうしてここまでヒットしたのかを考えると、"仕事に対して個人の感情は必要なのか"という究極にして普遍的なテーマを描いていることが大きいのかもしれません。物語の舞台は警察署ですが、どんな企業や職種であれ、このテーマは誰もがぶつかる壁です。だからこそ、この作品が多くの人の心に刺さったのではないでしょうか。私は映画イベントの司会をしていて体感したのですが、『―THE MOVIE2』のヒットによってテレビ局が積極的に映画への出資を始め、2000年代以降はテレビ局製作の映画が当たり前になりました。『踊る』は間違いなく、日本の映画業界を変えたんです」

いとう・さとり●ハリウッド作品から邦画まで、映画舞台挨拶のMCや記者会見の司会を担当。映画誌などで執筆する一方、日刊スポーツ映画大賞などの審査員も務める。

取材・文=山崎ヒロト(Heatin' System)

この記事の画像

放送情報

踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!〈4Kデジタルリマスター版〉

放送日時:2022年3月19日(土)23:10~

チャンネル:日本映画専門チャンネル

交渉人 真下正義〈4Kデジタルリマスター版〉

放送日時:2022年3月20日(日)21:00~

チャンネル:日本映画専門チャンネル

※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

キャンペーンバナー

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事