宮本隆治相田翔子が抜群のコンビネーションを見せる人気番組!

ゲストに迎えた演歌・歌謡界のスターたちの魅力を余すところなく引き出す演歌・歌謡曲情報バラエティ番組「宮本隆治の歌謡ポップス☆一番星」。ヒット曲のフルコーラス歌唱をはじめ、音楽的なルーツや曲のエピソードに迫るトークなど、音楽性を深く掘り下げていく濃い内容が特徴だ。

司会を務めるのは、番組名にもある通り宮本隆治。1973年にNHKに入局し、「NHK歌謡コンサート」、「思い出のメロディー」、「NHKのど自慢」などの番組を担当。1995年からは「NHK紅白歌合戦」の総合司会を6年連続で務めた。2007年にフリーとなってからは、歌謡番組をはじめとする司会はもちろん、ナレーションやラジオなど活動の幅を広げている。

数々の歌謡番組の司会を務めてきただけに、「歌謡ポップス☆一番星」ではより突っ込んだ話題を展開することも。深みのある声とフレンドリーなボディランゲージを交えた独特のトークで、ゲストの魅力やさまざまなエピソードを引き出していく。

アシスタントを務めるのは相田翔子。1988年に結成されたアイドルデュオ・Winkのメンバーで、1989年に「淋しい熱帯魚」で第31回日本レコード大賞を受賞。Winkは1996年に活動を休止したが、その後は女優やテレビ番組のレギュラーなどでも活躍。「歌謡ポップス☆一番星」では、2017年7月の番組リニューアルを機にアシスタントとして参加し、変わらぬ愛らしさと持ち前の天然さで華を添えている。

歌とトークであふれる同番組は、さまざまなコーナーが用意されている。「一番星☆入国管理局」のコーナーは、「演歌・歌謡曲のパワースポット『一番星国』への入国を願う歌手」という設定でコーナーゲストを招き、宮本扮するリュージ・ミヤモト管理官が審査と称してイジるというもの。また歌手や歌に関連するイベントを紹介する「一番星☆情報局」などもあり、演歌・歌謡曲情報バラエティ番組の名にふさわしい内容となっている。

そして6月4日からは、歌手生活50周年となる前川清をゲストに迎え、通常回とは一味違ったスペシャル企画を前後編の2回に分けてお送りする。実は前川は同番組初出演。宮本とは家族ぐるみで仲が良く、番組放送時からオファーを送っていたのがこのタイミングで実現したという。

このスペシャル企画でどんな歌とトークが飛び出すのか、ぜひその目で確かめてほしい。

文=堀慎二郎

この記事の画像

放送情報

宮本隆治の歌謡ポップス☆一番星 ~演歌 ・歌謡曲情報 バラエティ~ 前川清50周年スペシャル 前編

放送日時: 2018年6月4日(月)16:00~

チャンネル: 歌謡ポップスチャンネル


宮本隆治の歌謡ポップス☆一番星 ~演歌 ・歌謡曲情報 バラエティ~ 前川清50周年スペシャル 後編

放送日時:2018年6月18日(月) 16:00~

チャンネル:歌謡ポップスチャンネル

※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

関連人物

関連記事