日向坂46・加藤史帆が推す"おしゃれメンバー"は東村芽依

加藤史帆
加藤史帆

日向坂46・加藤史帆が、3月30日(土)に開催された「マイナビ presents 第28回 東京ガールズコレクション 2019 SPRING/SUMMER」にモデルとして出演。同イベントは最新のトレンドが集まる史上最大級のファッションフェスタで、豪華人気モデルによるファッションショーをはじめ、旬なアーティストのライブやダンスパフォーマンスなど、豪華なステージが展開された。

今回、加藤にインタビューを敢行し、ランウェイを歩いた感想や舞台裏の雰囲気、プライベートのファッション、好きな男性ファッションなどについて語ってもらった。

――ランウェイの感想は?

「2ステージに出演させていただきました。『SHIBUYA109』のアニバーサリーステージでは笑顔が多めな感じで、『R4G』のステージではクール系の演出だったのですが、それぞれ違う雰囲気のランウェイを歩かせていただいて、すごく勉強になりましたし楽しかったです」

――それぞれのステージで意識したところは?

「表情を1番意識しました。私は笑顔があまり得意ではないので、『SHIBUYA109』のステージの出演前に楽屋で笑顔を練習してから本番に臨みました。自分なりに笑えていたと思います(笑)。逆に『R4G』のステージは真顔の方が得意なので、自然にできました」

――アーティストとして立つステージとは違いますか?

「 (客席が)ほとんど女性の方だったのでいつもとは全然違いました。すごく新鮮な光景でした!かわいい女の子を見るのが好きなので、美しくてかわいい方がたくさんいて夢のような空間でした(笑)」

――「SHIBUYA109」ステージの出演モデルは、日向坂46メンバーのみで構成されていましたが?

「ステージの上にメンバーしかいないランウェイっていうのがすごく新鮮で、すれ違うのがメンバーばかりというのが面白かったです」

――普段の衣装とは違う格好をしたメンバーたちとの舞台裏での雰囲気は?

「『SHIBUYA109』さんに入っているブランドの衣装を着させていただいたのですが、『本当に同じステージなの?』っていうくらい見事にそれぞれの衣装のテイストが違っていて、お互い『かわいいね、それ』って言い合っていました」

――それぞれの衣装は、メンバーの普段着とは違いましたか?

「全然違いました。普段カジュアルな子がラブリーな物を着ていたりと、みんな(雰囲気が)ほぼ真逆な感じでした。中でも、河田陽菜の衣装が1番新鮮でした!」

――加藤さんがおしゃれだと思うメンバーは誰ですか?

「東村芽依です。私服でもレッスン着でもコーディネートの仕方が好きなんです。ごちゃごちゃしていなくてシンプルな色でまとまっているし、ピンクが好きなのに私服はカジュアルめで、そういったところのギャップもかわいいなって思って、好きなんです」

――ご自身の私服はどんな感じですか?また、自宅でくつろいでいる時や寝る時の格好は?

「最近の私服はデニムなど、カジュアルな方が多いです。寝る時は、くまのプーさんのモコモコのパジャマを着ています。冷え症なのでなるべく冷えない温かいものを選んでいて、くまのプーさんが好きで着ているとテンションが上がるので!」

――買い物をする時のこだわりなどは?

「ビビッときた物しか買わないようにしています。『ちょっと悩むな...』って物は絶対買わないです。"かわいいなと思ったら買う"という直感重視なので、『最近、靴ばっかり買っちゃったな』ということがよくあります(笑)」

――最近、買った物は?

「最近はワンピースにハマっていて3着くらい買いました!着ていて楽ちんだし、上にカーディガンを羽織ったら温かくもできて温度調節も楽なんです」

――好きな男性ファッションは?

「Tシャツにジーンズといったシンプルなものが好きです。父がそういったファッションが多かったので、その影響かもしれないのですが。スーツとかよりはスウェットとかの方が"キュン"とするかもしれないです」

文=原田健 撮影=中川容邦



この記事の画像

出演情報

加藤史帆のスカパー!出演情報はこちら

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!