日向坂46・齊藤京子が難曲のセトリで魅せるボーカリストとしての魅力!

日向坂46・齊藤京子
日向坂46・齊藤京子

日向坂46のメンバーの中で歌唱力に定評があり、2021年に開催された「MTV LIVE MATCH」「MTV VMAJ 2021 -THE LIVE-」において圧巻のソロ歌唱パフォーマンスを披露した齊藤京子。そんな彼女が初となるオリジナルソロライブ「MTV LIVE SESSIONS Kyoko Saito from Hinatazaka46」を行った。

ライブは、CARPENTERSの「(They Long to Be)Close to You」からスタート。アップにまとめたヘアスタイルに白いドレスという大人っぽいいで立ちで登場した齊藤は、持ち前の魅惑的な低音ボイスで曲の新しい一面を引き出す歌唱を披露。

続いて、自身がリスペクトする中森明菜の「禁区」を力強く妖艶に歌い上げ、JUDY AND MARYの「風に吹かれて」、緑黄色社会の「LITMUS」、YOASOBIの「アンコール」といった女性ボーカリストの歌声が印象的な曲を次々とカバーし、引き出しの多さを見せる。

その後、髪を下ろし赤いドレスに衣装チェンジして、RADWIMPSの「なんでもないや」、King Gnuの「Teenager Forever」といった男性ボーカリストの曲にも挑戦。最後はけやき坂46時代のソロ曲「居心地悪く、大人になった」を情感たっぷりに歌い上げライブを締めくくった。

Photo by 上山陽介

インタビューでは、「あんまりライブの時、緊張しないんですけど、今日は楽屋にいる時までずっと震えが止まらなくて...。緊張しました」と苦笑しながらも、「歌うことが本当に好き過ぎて、ましてや生バンドの中で歌うって、こんなことないので、本当に『楽しい』の一言に尽きますね」と心境を告白。

さらに、「普通だったら『自分の得意な歌とか、よく聴いている歌を歌いたいな』って思うんですけど、前回(「MTV VMAJ 2021 -THE LIVE-」)(柊キライの)『ラブカ?』を歌わせていただいてから、本当に難しければ難しいほど『その歌を歌いたい』って思うようになって。それが自分に対するドSなんだかドMなのか分からないんですけど(笑)、とにかく難しい曲が歌いたくて、今回は"自分への試練"っていう感じですね」と明かした。

ほか、歌手を目指し始めたきっかけや目標としていた歌手像、ソロでの音楽活動や心境の変化について、今後の目標などを語っている。

幅広いラインナップだからこそ味わえる齊藤京子のボーカリストとしての魅力を、彼女の魅惑的な低音に身を委ねながら最大限に堪能してみてほしい。

文=原田健

【セットリスト】
(They Long to Be) Close to You (CARPENTERS)
禁区 (中森明菜)
風に吹かれて (JUDY AND MARY)
LITMUS (緑黄色社会)
アンコール (YOASOBI)
なんでもないや (RADWIMPS)
プレイバックpart2 (山口百恵)
Teenager Forever (King Gnu)
くちばしにチェリー (EGO-WRAPPIN')
さよなランド (aiko)
居心地悪く、大人になった

この記事の画像

放送情報

MTV LIVE SESSIONS : Kyoko Saito from Hinatazaka46
放送日時:2022年7月9日(土)21:00~
チャンネル:MTV
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

キャンペーンバナー

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事