日向坂46・富田鈴花&松田好花が明かすメンバーからもらった愛

写真左から 富田鈴花、松田好花
写真左から 富田鈴花、松田好花

日向坂46・富田鈴花と松田好花によるユニット「花ちゃんズ」が、都内で「MTV ACOUSTIC FLOWERS -Until Full Bloom "Bell & Like"-」の収録を行った。

同番組は、2020年3月に有観客のライブ形式で開催する予定だったものが、新型コロナウイルス感染症の影響の理由から延期になっていた2人によるギター弾き語りライブ。無観客というかたちだが約1年を経てようやく実現したこのライブは、「いつかお客さんの前でライブをしたい」という願いを込め、ユニット名の"花"にかけて「花が満開になるまで(Until Full Bloom)」と題している。

収録では、自ら組んだセットリストの全11曲を披露。日向坂46の楽曲はもちろん、アメリカの歌姫"テイラー・スウィフト"の代表曲やお互いのルーツとなる楽曲のカバー、花ちゃんズのオリジナル楽曲「まさか 偶然...」などを、2人のギターと歌声だけでパフォーマンスした。ライブの模様に加え、撮り下ろしのインタビューも放送する同番組は、MTVにて6月27日(日)にオンエアされる。

今回、収録後の2人にインタビューを行い、約1年を経て実現したライブへの思いや感想、2人がギターと歌声だけで作り上げたステージなどについて語ってもらった。

――約1年を経て、ようやく実現したライブ収録を終えて今の心境は?

富田「ほっとしたという気持ちが1番に来ました。できるかできないか微妙な状況の中で『無事にできたらいいな』と思っていたので、こうしてステージでギターを弾けたことがすごくうれしかったです」

松田「中止になっているイベントもある中で、収録というかたちで実現してくださったスタッフの皆さんに感謝していますし、ほっとしている気持ちがすごくあります」

――普段とは違う2人だけでのステージについては?

松田「日向坂46として活動している時はけっこうわちゃわちゃとふざけ合っているイメージだと思うんですけど、今回のステージでは真面目な『花ちゃんズ』が見られるんじゃないかなって思います(笑)」

富田「いつも(レギュラー出演している冠番組の)バラエティ番組のことについて『観ているよ』って言っていただくことが多いので、バラエティ番組での印象がすごく強いと思うんです。だから、何かを真剣に真面目に取り組んでいるところはなかなか見られない部分だと思うので、日向坂46としても新しい一面を見せられたんじゃないかなって思います」

――アコースティックギターで11曲披露するというのは、かなり練習されたのでは?

富田「約1カ月間ずっとリハーサル室に缶詰め状態だったので、(リフレッシュのために)何か楽しいことをしようとして、よく2人でお菓子を交換していました。『このお菓子見つけたんだけど!』って薦め合うのが、リハーサル期間の唯一の娯楽でした(笑)」

松田「本当にそうだよね(笑)。同じ場所で同じことを繰り返していると、なかなか思うようにギターが弾けなかったり歌えなかったりすることもあるんですけど、程よく休息をとったり、『今日はここまでにしよう』と切り替えたりできるようになりました。前までは根詰めてやるばかりだったので、そこは1つ成長できたのかなって思いますね」

富田「2人とも頑張り過ぎるくらい頑張るタイプだったもんね。いい意味で緩めることを学びました」

この記事の画像

放送情報

MTV ACOUSTIC FLOWERS -Until Full Bloom “Bell & Like”-
放送日時:2021年6月27日(日)21:00~
チャンネル:MTV
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!