"今が1番"の「アンジュルム」リーダー・和田彩花が卒業後のビジョンを語る!

和田彩花
和田彩花

アイドルグループ、アンジュルムのリーダー・和田彩花が、6月18日(火)に日本武道館で行われる「アンジュルム コンサートツアー2019春 ファイナル 和田彩花卒業スペシャル 輪廻転生~あるとき生まれた愛の提唱~」をもって同グループ及びハロー!プロジェクトを卒業する。

和田は、アンジュルムの前身であるスマイレージとして2010年に「夢見る15歳」でメジャーデビューし、メンバーの卒業と加入を見届けながら9年間グループをけん引してきた。同公演は、2004年にハロプロエッグとして活動を開始してから15年、まさに自身の卒業ソングのタイトル通り「夢見た15年」の集大成と、これからの芸能活動の新たなスタートとなるメモリアルコンサートだ。この模様はフジテレビTWOにて生中継される。

今回、卒業ライブを控えた和田にインタビューを行い、現在の心境やコンサートに懸ける思いなどを語ってもらった。

卒業ライブの見どころや今後の展望などを語ってくれた

――約1年前に卒業発表をして、いよいよ卒業コンサートが迫ってきましたが、現在の心境は?

「ようやく実感がわいてきました。スケジュール帳をめくると『もうすぐ武道館じゃん!』みたいな。そこで実感しましたね。私は、今までずっとアンジュルムの未来を見て活動してきたのですが、未来を見るということがこの1年で少なくなりました。今、春ツアーを行っているのですが、その中でも私が卒業した後のアンジュルムの変化というか、そこに向けてみんなを後押しし、勢いをつけていけたらいいなと思っています。『みんなの勢いをつける』というのが私の最後の仕事だと思うので、今はそこに専念しています」

――メンバーたちも日本武道館公演を意識し始めているのでしょうか?

「いや~、あの人たちはのんきなので(笑)。みんな、ここ2カ月ぐらいで『ああ、そういや武道館だな』って思い始めているくらいだから。でも、それがあの人たちの良いところで。その良いところを存分に最後まで生かしてもらいたいです。そんな中で、最近はあらゆる場面で(和田と一緒の活動の)最後を実感しているみたいで、いろんな場面でみんなが涙してくれて、うれしい反面、私もウルっときちゃいますね」

――和田さんの卒業ソングも収録されている最新両A面シングル「恋はアッチャアッチャ/夢見た15年」のリリースイベントでは涙するメンバーが続出していました。日本武道館公演では、卒業セレモニーもあるので皆さん号泣してしまうのでは?

「正直、想像もつかないし、『メンバーが倒れないかな』とか、それぐらいの心配もしています。大泣きしてしまったら、ショーにならないから(笑)。その心配はあるのですが、"らしく"終われるのがきっと1番すてきなかたちだと思います。"感動"っていうよりも、明るく前を見ながらみんなで"卒業"という1つの変化を迎えられたらいいなと思っています。今の12人のパフォーマンスもしっかり見せたいと思っています」

――日本武道館公演の見どころは?

「私の卒業というのはあるのですが、私自身はそれよりも今の12人が最高で良い形だと思うので、今のアンジュルムの雰囲気やみんなが『好き』って言っているこの瞬間をたくさんの人に感じてもらいたいと思っています。個人的に『こうしたい』というよりも、今のアンジュルムをみんなに堪能してもらえるライブになればいいなと思っています」

この記事の画像

放送情報

生中継!ハロプロ プレミアム アンジュルム コンサートツアー 2019春 ファイナル
和田彩花卒業スペシャル 輪廻転生 ~あるとき生まれた愛の提唱~

放送日時:2019年6月18日(火)18:00~
チャンネル:フジテレビTWO ドラマ・アニメ

※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事