IZ*ONE(アイズワン)PENTAGONTWICEら豪華共演!大絶叫のM COUNTDOWNライブをピックアップ

TWICE
TWICE

開催5周年を迎えた今年、歴代最大規模の8万8000人を動員した世界最大級のK-Cultureフェスティバル「KCON 2019 JAPAN」(5月17日~19日開催)。初開催の2015年以来、10代の来場者割合が4倍に増加したという公式データが発表されているが、その若い客層を惹きつける最大の要因は、来場する最旬K-POPアーティストの豪華すぎる面々だ。

中でも、メインイベント「M COUNTDOWN」には、K-POPブームを牽引する9人組ガールズグループ・TWICEを筆頭に、計28組ものアーティストが大集結。ここでは最終日の5月19日に出演したアーティストを中心に、会場内での"大絶叫"が響きわたっていたパフォーマンスをピックアップ!5月30日(木)にMnetにて"最速"で日韓同時放送される番組「KCON 2019 JAPAN × M COUNTDOWN」の前に、改めて見どころをディープに解説する。

MCとして登場したPENTAGONのキノ(写真左)&ホンソク(右)

(C)CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved

■一度聴いたら忘れないPENTAGONの「SHINE」イントロで悲鳴!SF9メンバーとのスペシャルコラボも

「M COUNTDOWN」の特徴の一つが、ノンストップで展開するスピード感あふれるステージングだ。5月19日だけでも、ONEUS、VAV、GWSN(公園少女)、D-CRUNCH、fromis_9、SF9、NATURE、IZ*ONE、PENTAGON、TWICEの10組が登場し、各グループがチェンジするインターバルはほとんどなく、それゆえ否が応でも会場内ボルテージは上がっていく!しかもMC役としてPENTAGONのホンソク&キノや、SF9のインソン&ロウンが突如出現し、時折日本語を織り交ぜながら茶目っ気たっぷりに進行するため、ファンは座る間もなく常にステージにクギづけに...。

韓国・中国・日本出身の9人グループ・PENTAGONは、最終日の9番目に登場。最新曲「SHA LALA」や日本デビュー曲「COSMO」のほか、昨年のスマッシュヒット曲「SHINE」を披露した。イントロのピアノリフにはじまり、自虐めいた歌詞とポップな曲調、コミカルなハンマーダンス...とインパクトが強い「SHINE」は、パワフルな楽曲が多かったグループのイメージを一変させる転機となった楽曲。今回のステージでも、ピアノのイントロが流れただけで悲鳴が上がったほどで、改めてその人気ぶりに圧倒させられた。

PENTAGON

(C)CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved

また、共演アーティスト同士がコラボするスペシャルステージも「KCON 2019 JAPAN × M COUNTDOWN」ならではの醍醐味。この日は、SF9のボーカル担当であるロウン&インソンと、PENTAGONのリーダー・フイとグループ最年長のジンホが、ドラマ「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」のオリジナルサウンドトラックからバラード曲「Beautiful」を披露した。特にPENTAGONの中でもずば抜けた歌唱力で知られるフイ&ジンホのしっとりとした美声には、さすがの大観衆も静まり返って聴き入っていた。

「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」のバラード曲「Beautiful」を披露

(C)CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved

「Beautiful」の後に登場したIZ*ONE

(C)CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved

■IZ*ONEの「La Vie en Rose」→「RUMOR」のセクシーダンス

初日に続いて、最終目にも登場したIZ*ONE。日本1stシングル「好きと言わせたい」にはじまり、4月にリリースされた韓国2ndアルバム『HEART*IZ』の中から、「Violeta」と「UP(空の上)」と、ガーリーな楽曲を立て続けに披露した。

必見なのは、ガラリと妖艶なイメージに変わった「La Vie en Rose」と「RUMOR」のパフォーマンス。特に「RUMOR」は、IZ*ONEを生んだオーディション番組「PRODUCE 48」時代に、メインダンサーであるイ・チェヨンのパフォーマンスが絶賛された楽曲で、IZ*ONEとして披露するのはレア!爽やかな曲調の「UP」からのイメチェンぶりもさることながら、日本人メンバーである宮脇咲良、矢吹奈子、本田仁美が、これまでとはまったく違ったセクシーな視線とダンスを披露していた。

IZ*ONEはギンガムチェックのガーリーな衣装で登場

(C)CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved

新曲「FANCY」のイントロと共に登場したTWICE

(C)CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved

■大トリで登場のTWICEはさすがの貫録!観客のボルテージも最高潮に!

M COUNTDOWNも終盤を迎え、誰しもがTWICEの出番だと思い込んでいる中、始まったのは、共演したガールズグループによる豪華すぎるTWICEメドレーという嬉しいサプライズ!NATUREが「CHEER UP」、GWSN(公園少女)が「KNOCK KNOCK」、fromis_9が「LIKEY」と、完璧なカバーステージを披露した直後に、4月にリリースしたアルバム『FANCY YOU』のタイトル曲「FANCY」のイントロと共に、TWICE本人が横一列で登場した。

前半、日本1stアルバムのタイトル曲「BDZ」を披露していたTWICEだが、クライマックスにも「Yes or Yes」「Dance The Night Away」とヒット曲を連発。途中には、メンバーがゴンドラに乗り込み、会場を回りながら「What is Love」を披露したり、プレゼントを懸けて「TT」などのポイントダンスを観客と一緒に踊るトークコーナーもあったり...と盛りだくさん!

大トリを務めたTWICEのステージに大歓声!

(C)CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved

熱気に満ちたTWICEのステージの後には、M COUNTDOWN最終日に出演した総勢10組のアーティストが一堂にセンターステージに揃うアンコールも!会場内のファンとアイコンタクトしたり、笑顔で手を振ったりと、たっぷり10分近くファンの大声援に応えていた。

「超ヤバかった!」「余韻がすごい!」と、会場を後にする来場者から聞こえてきた生の声。凄まじいK-POPアーティストの人気ぶりもさることながら、否応なしにテンションが上がってしまうパフォーマンス力とステージ構成そのものに、圧倒された3時間となった。

文=HOMINIS編集部

IZ*ONEのニュース、コラムはこちらから!↓↓

この記事の画像

放送情報

KCON 2019 JAPAN × M COUNTDOWN
放送日時:2019年5月30日(木)18:00~
KCON 2019 JAPAN × M COUNTDOWN 字幕版
放送日時:2019年6月27日(木)23:15~
チャンネル:Mnet
※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事