SKE48・須田亜香里、大場美奈らが「名古屋の冬の風物詩」に挑戦

2012年に始まり、名古屋の冬の風物詩になっているドラマ「名古屋行き最終列車」(メ〜テレ)。俳優の六角精児と声優の花澤香菜らが出演して、1年に1度、寒さが厳しい冬の夜に温かい気持ちにさせてくれる。

名古屋鉄道の沿線が物語の舞台となっており、第1弾は「東京ドラマウォード2013ローカル・ドラマ賞」を、第2弾と第3弾は「平成26年・27年日本民間放送連盟賞テレビドラマ番組優秀賞」を受賞している。元SKE48のメンバーで、現在は女優として活躍している松井玲奈が第1弾から出演していたが、2020年1月に放送された第8弾「名古屋行き最終列車2020」では、松井からSKE48の現役メンバーへとバトンが受け継がれた。全5話の構成で、第1話に須田亜香里、第2話に大場美奈、第3話に江籠裕奈、第4話に野島樺乃と北野瑠華が出演。その第5話にあたるSKE48編が、12月6日にCSで初放送される。この「SKE48編」は、"もしSKE48に入っていなかったら"という仮定で、別の世界での人生を歩むメンバー5人それぞれを本人が演じている。

「名古屋行き最終列車」に出演する須田亜香里

出演するメンバーのことを改めて紹介しよう。"あかりん"の愛称で親しまれている須田は、SKE48の3期生でチームEのリーダーを務めている。明るいキャラクターと色んなことにチャレンジする思い切りの良さでバラエティ番組にも多数出演している。2017年に刊行した著書「コンプレックス力〜なぜ、逆境から這い上がれたのか?〜」は、コンプレックスを跳ね除けて、自身を磨き上げてきた彼女だからこそ書くことができた作品で、多くの人から共感を得た。努力の人でもあり、2018年のAKB48グループの総選挙(AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙)で2位になったり、2019年10月にリリースされたSKE48の26枚目のシングル「ソーユートコあるよね?」では加入から約10年かけて初センターに抜擢されるなど、"継続は力なり"を体現している。現在のSKE48の中で最年長メンバーとなるが、元気に力強くグループを引っ張ってくれている存在だ。

「名古屋行き最終列車」に出演する大場美奈

"みなるん"のいう愛称を持つ大場もSKE48の中心的メンバーで、現在はチームKⅡのリーダーを務めている。2009年に「AKB48 第六回研究生(9期生)オーディション」に合格して、アイドル人生がスタート。2013年4月にSKE48との兼任となり、2014年にSKE48に移籍した。大場も努力の人で、2018年のAKB48グループの総選挙では8位にランクイン。9回目のチャレンジで初めて選抜入り(上位16名)した。その時の会場がSKE48の地元・ナゴヤドームということもあり、「今日、私は新しい夢を叶えることができました。努力をすれば夢を叶えられることを教えてもらいました」と喜びを表現し、後輩たちに「諦めなければ、ここまで来られる」と呼びかけた姿は感動的なシーンとして印象に残っている。個人での活動も精力的に行なっており、11月18日には2冊目となる写真集「答え合わせ」も発売され、インパクトのある表紙を含め大きな話題となっている。

「名古屋行き最終列車」に出演する江籠裕奈

"えごちゃん"こと、江籠はSKE48の5期生。2011年に11歳でグループに加入して、"みんなの妹"としてメンバーからもファンからも可愛がられてきた彼女も2020年に20歳になり、今やSKE48の中心メンバーの一人として活躍中。"ステージに立って歌う"というアイドルの基本を大事にしてきたことで、それぞれがセンターポジションの楽曲を披露してナンバーワンを決める企画「SKE48ゼロポジ公演2019」でMVPに輝いた。そのことも本人にとって大きな自信となっているようだ。「名古屋行き最終列車2020」の公式サイトに「演技は苦手なので、すごくドキドキしながらやりました。これをきっかけに成長できればいいな、と思っています」とコメントを寄せており、演技に対する新しい扉も開かれたのではないだろうか。

「名古屋行き最終列車」に出演する野島樺乃

"かのちゃん"こと、野島はSKE48の7期生。彼女が一気にブレイクしたきっかけは、2018年の年末から2019年1月にかけて行われた「AKB48グループ歌唱力No. 1選手権」。"歌"だけで勝負するガチ企画で、国内のAKB48グループの中から155人が立候補した中、第1回の女王に輝いた。小さい頃から歌うことが好きで、今でも発声練習などを欠かさず行なっている。第2回は不参加だったが、今年開催の第3回に出場し、予選を通過。12月1日に行われる決勝大会で二度目の女王になるのか注目されている。

「名古屋行き最終列車」に出演する北野瑠華

最後はSKE48の6期生で、"るかてぃん"の愛称で親しまれている北野。現在はチームKⅡの副リーダーを務めている。岐阜県出身ということで、「ぎふキャンデータ放送公認キャラクター」をはじめ、「FC岐阜応援隊隊長」「飛騨・美濃就労応援大使」を務めている。ラジオ番組「SKE48の岐阜県だって地元ですっ!」のパーソナリティを担当するなど、"岐阜愛"の強さがうかがえる。北野もグラビアクイーンと呼ばれており、これまでに多くの雑誌に登場。真剣勝負バラエティ番組「SKE48 ZERO POSITION〜チームスパルタ!能力別アンダーバトル〜」のMCも務める北野だけに、ステージやトーク、グラビアなど、いろんなフィールドで活躍し、今後SKE48を引っ張る存在として期待されている。

そんな注目のメンバー5名が登場する「名古屋行き最終列車2020」を、ぜひチェックしてもらいたい。

文=田中隆信

この記事の画像

放送情報

名古屋行き最終列車2020 SKE48編
放送日時:2020年12月6日(日)13:30~ ほか
チャンネル:エンタメ~テレ☆シネドラバラエティ
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!