松井珠理奈が明かすデビュー当時の苦悩と「SKE48愛」

SKE48が4月11日(日)に愛知・日本ガイシホールで「松井珠理奈卒業コンサート」を開催する。松井といえば、AKB48の初の姉妹グループとなるSKE48の初期メンバーとして11歳でアイドル活動をスタートさせ、同年にリリースされたAKB48のメジャー10thシングル表題曲「大声ダイヤモンド」でいきなりセンターポジションを務めた。その後もSKE48のエースとして活動しながら、AKB48のシングル選抜メンバーとしても活躍。AKB48がアイドル界のトップへと駆け上がった功労者の1人だ。

デビューから13年間にわたってSKE48そしてAKB48を支え続けた松井が、卒業コンサートを控えた現在の心境や今後の目標などについて赤裸々に語るのが「13年間お疲れ様でした!!SKE48 松井珠理奈~絶対的エースが素顔に戻る時~」だ。4月3日(土)にテレ朝チャンネル1にて放送される。

同番組では、松井が共にSKE48を支えた同期メンバーの大矢真那と"アイドル人生の原点"を巡る。「大声ダイヤモンド」のMVの冒頭シーンの撮影現場である東京・神田の男坂や旧文化学院の他、SKE48が初お披露目された東京・日比谷野音などを訪れる。

「大声ダイヤモンド」のMV撮影現場では、松井が当時の心境を告白。「SKE48として入ったのに、なんでAKB48のお姉さんたちの中に入って、しかもセンターで...。訳わからず、目の前のことをやるしかなかった」「周りのメンバーの目、ファンの目、(AKB48の)お姉さんたちの目...。全部怖かった」「その時から性格が変わった」と今だからこそ話せる当時の思いを語る。また、AKB48の"絶対的エース"だった前田敦子との激突シーンのエピソードなど数々の撮影裏話を披露。

日比谷野音では、2人でSKE48初披露ライブのVTRを観ながら当時を回顧。「キャピキャピしてるんだけど!(笑)」「(パフォーマンスが)めっちゃキレキレ」と笑いながらも、松井は「私はあの時の気持ちは忘れてない。ステージに立ったら200%出すっていうガムシャラさ」と熱い思いを明かす。また、「実を言うと『もうステージに出たくない』って思う時もあった」と吐露し、松井ならではの苦悩を告白。そして、SKE48に対する並々ならぬ深い愛情と、それほどSKE48を愛することになったきっかけを打ち明ける。さらに、"SKE48愛"故の秘話を初告白し、スタッフに「初めての話だから、(OAで)使ってくださいね」とアピールする一幕も。

続いて、東京・神田明神へ。AKB48の成人式で参拝した時の思い出を語る他、今後の活躍と恋愛にまつわる願掛けを行う。

最後は、2人でトークを展開。卒業コンサートのこと、ナゴヤドームでのSKE48初単独コンサートのこと、そして、あれから初めて観たという「AKB48 53rdシングル世界選抜総選挙」で1位を獲得した時のことなど、印象的だった思い出を中心に、時に笑顔で時に涙を流しながら語り合う。

「卒コン終わったみたいな気分...(泣)」と本音が漏れ出るほど、赤裸々に心情を出し尽くしたレジェンドアイドル・松井珠理奈の本心に触れてみてほしい。

文=原田健

この記事の画像

放送情報

13年間お疲れ様でした!!SKE48 松井珠理奈~絶対的エースが素顔に戻る時~
放送日時:2021年4月3日(土)17:00~
チャンネル:テレ朝チャンネル1 ドラマ・バラエティ・アニメ
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!