BALLISTIK BOYZとは?EXILEの魂を継承するハイスペックグループは世界を目指す!

BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBE
BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBE

今年の5月22日、EXILE TRIBE史上初の7マイク・フリースタイルグループ・BALLISTIK BOYZが、ミニアルバム『BALLISTIK BOYZ』でメジャーデビューを果たした。10月23日には1stシングル「44RAIDERS」もリリースした彼ら。BALLISTIK BOYZとは一体何者なのか? 今話題のハイスペックグループを紹介しよう。

■LDHの先輩達の作曲家としての一面を体現する存在

BALLISTIK BOYZは、EXILEの魂を継承するEXILE TRIBEにおいて、現在メジャーデビューを果たしている中では最年少となるグループ。なおかつ、デビュー曲の「テンハネ-1000%-」をEXILE SHOKICHIが作曲していたり、人気曲「PASION」や最新曲「Most Wanted」(最新シングル「44RAIDERS」のカップリング)をP-CHO(DOBERMAN INFINITY)・JAY'ED・NAOtheLAIZAから成るプロデュースユニット・OMWが手がけていたりと、LDHの先輩達の作曲家としての一面を体現する存在でもある。

■7マイクを活かした圧倒的なパフォーマンス

メンバーは、グローバルな人材を育成するPROJECT TAROの一員として本場ニューヨークで技術を磨いた、深堀未来・奥田力也・砂田将宏。「VOCAL BATTLE AUDITION 5」のボーカル部門ファイナリストである、日髙竜太・加納嘉将。ラップ部門ファイナリストの海沼流星・松井利樹。

7マイク・フリースタイルグループというように、アクロバットを駆使したハイクオリティーなパフォーマンスと、個性豊かな声で目まぐるしく歌い繋ぐのが彼らのスタイルだ。ボーカル(深堀未来・砂田将宏・日髙竜太・加納嘉将)とラッパー(奥田力也・海沼流星・松井利樹)に分かれてはいるが、最新シングル「44RAIDERS」ではボーカルもラップを歌っており、枠に囚われず、新たな表現に楽しみながら挑戦していく姿が印象的だ。

主に振付を担当するのは、ニューヨークに留学していた時から繊細なコレオグラフが得意だったという深堀未来を始め、留学先の高度なレッスンで鍛え上げられた奥田力也、砂田将宏の3人。他のメンバーも、小学校1年からHIPHOPダンスを習っていた松井利樹、中学生の頃からさまざまなジャンルのダンスに挑戦していた海沼流星、「VOCAL BATTLE AUDITION 5」ファイナリストで力強いHIP HOPダンスを得意とする日髙竜太など、ほとんどのメンバーがダンス経験者だ。

そんななか、グループを結成した時にもダンス歴が1年未満だったというのが、加納嘉将。幼い頃からEXPGでレッスンを受けていた人も多いEXILE TRIBEにおいてはレアキャラだが、努力家な彼をメンバーが支え続け、今では他のメンバーと一緒にダンストラックに参加できるレベルにまで進化。そういったチームとしての団結力、一体感も彼らの魅力だろう。

令和にデビューした新人グループらしく、フレッシュさや生意気さもありながら、安定感バッチリのパフォーマンスを見せつけるBALLISTIK BOYZ。今年もすでに「MTV VMAJ 2019」でRising Star Awardを受賞し、来年には初の単独ツアー「BALLISTIK BOYZ LIVE TOUR 2020 "BBZ" 」も決定している、ネクストブレイク必至な彼らの活躍をお見逃しなく!

文=斎藤碧

この記事の画像

放送情報

M-ON! SPECIAL BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBE」 ~44RAIDERS 1
放送日時:11月2日(土)21:30~
M-ON! SPECIAL BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBE」 ~44RAIDERS 2
放送日時:11月2日(土)22:00~
チャンネル:MUSIC ON! TV(エムオン!)
※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!