岡崎体育「意識してキャラを作りました」大阪ワンマンライブを語る

岡崎体育
岡崎体育

昨年6月、自身の夢だと公言してきた"さいたまスーパーアリーナ"での単独公演を実現させた岡崎体育。今年2月に開催した地元・関西での初アリーナ公演となるエディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館)でのライブ「OKAZAKI ROCK FESTIVAL 2020」も成功を収めた。単独公演なのにフェス形式(ポテト探検隊、DJツキユビ with 主治医、岡崎体育)という斬新な内容も大きな話題になった。TBSチャンネル1ではこの公演の模様を4月26日(日)に放送する。

2月某日、岡崎体育にインタビューを行い、このライブのコンセプトや見どころを聞いた。

「いろいろな側面を楽しんでもらいたい」と語った岡崎体育

――「OKAZAKI ROCK FESTIVAL 2020」は関西での初アリーナ公演となりました。

「ずっと目標にしてきたさいたまスーパーアリーナでライブができることが決定した時に、地元の関西ではまだアリーナクラスの会場でライブがやれてなかったので、レコード会社のスタッフの人と『大阪とか関西でアリーナをやってもいいんじゃないか』という話になって、さいたまで『関西でアリーナワンマンやります!』と発表しました。会場はどこがいいかな?って考えたんですけど、以前から『名前が体育だから体育館でやってみたら?』というお話をいただいてたので、元々の名前が"大阪府立体育会館"という"エディオンアリーナ大阪"に決めました」

――単独公演なのにフェス形式というのは最初から構想があったんですか?

「毎回、ツアーのタイトルとかを含め、いろんなことが決まるのがギリギリなんですよ。なので、フェス形式でやるというのもギリギリでした。さいたまスーパーアリーナまでは、ステージに1人で立つことにこだわりを持っていたんです。サポートメンバーもバックダンサーもつけず、身体1つとパソコン1台だけでやるというのがポリシーというか。でも、大きな目標を達成したので、新しいことが見せられるんじゃいかと思って挑戦してみたのがフェス形式だったんです。バンドスタイルでやってみたいと思いましたし、それだけじゃなくてやっぱり今までのスタイルも見せたい。そう考えて、タイプの違う出演者によるフェスという形になりました」

――全部、岡崎さんですけど(笑)

「はい、いろんな側面を楽しんでもらおうと」

――これまでいろいろなフェスに出演されてますが、何か参考にしたフェスはありますか?

「氣志團万博です。デビュー当時から出させていただいているんですけど、和田アキ子さん、矢沢永吉さんといった大御所の方が出ている中で、アイドルがいたり、めちゃめちゃ激しいロックバンドがいたり。氣志團万博の"在り方"が美しいなと思いましたので参考にしました」

――1組、海外からの"CHECKMATE BROTHERS"が来日キャンセルになりましたが。

「いろんな側面を見て欲しくて、ラインナップに外国のグループがいるのもいいなって。でも、最初から演奏する気がないんです (笑)」

――トップを飾ったのはポテト探検隊です。

「バンドでステージに立てました。ポテト探検隊は偉大なミュージシャンの方が集まってくださって、念入りにリハーサルもしました。本番もむちゃくちゃ楽しかったです!」

――アウトロの長い「やさしくなりたい」という初披露の曲が印象的でした。

「アウトロが長くて、『いつ終わんねん!』って曲なんですけど、誰から終わっていくかとか、しっかりリハーサルして固めていきました。レコード会社の方たちも『いい曲だね』と言ってくれたので、もうちょっとブラッシュアップして、いずれは岡崎体育の曲として披露すると思います。ポテト探検隊としては、ネタじゃない曲を多く演奏したので、岡崎体育らしさをその中に入れ込んだ結果、長いアウトロになったというわけです」

――岡崎さんから見たポテト探検隊の魅力は?

「演奏が素晴らしいところですね。プロ中のプロの方たちなので、グルーヴ感がありますし、メンバーの皆さんとも気が合うんです。昼休みに僕がカップヌードルを食べていたら、『人が食べてるカップヌードルって美味しそうだよね』って、気付いたらみんなもカップヌードルを買って食べてるっていう微笑ましいところもあって。あと、ポテト探検隊には未来があるかなって思いました。夏のフェスとかにポテト探検隊として呼んでもらえたらうれしいですね」

――次のDJツキユビ with 主治医では、岡崎さんは"主治医"を。

「はい。DJスタイルということで、本物のDJさんを呼んで一緒にやれたらカッコいいなと思っていたんですけど、岡崎体育チームに予算がなくて、プロのDJさんに払うギャラがないのでソニーの社員の方にやってもらいました」

――そして、メインアクトは"岡崎体育"として。

「はい。さいたまスーパーアリーナをやり終えて、自分のライブの見せ方もいろいろ変えていかないといけないなと思っていて。僕の場合、ネタ要素が強い曲が多いので、同じ曲ばかりやるとマンネリ化してしまうと思っているんです。これまでも、内容を変えたりマイナーチェンジして歌ってきたりしましたが、もっと大きく変えようと思って、新曲を3曲やりました。ライブのセットリストの中で1軍にいた曲たちを外して、新しい曲を入れるという試みです。それが顕著に表れたのは、本編最後に披露した「Eagle」という曲。僕の感情的な部分を出しつつ、尚かつ、お客さんに岡崎体育の第2章の始まりを感じてもらえるような曲を書こうと思って作った曲です。この日初めて披露したので、ジャンプしながら楽しんだらいいのか、地に足をつけて聴いた方がいいのか、お客さんたちも戸惑ったと思うんですけど、今後ライブで歌っていくにつれて方向性も定まっていくと思うので楽しみです」

この記事の画像

放送情報

岡崎体育ワンマンライブ「OKAZAKI ROCK FESTIVAL 2020」
放送日時:2020年4月26日(日)21:00~
チャンネル:TBSチャンネル1 最新ドラマ・音楽・映画
※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

岡崎体育のスカパー!出演番組はこちら

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!