BTSのあの伝説のカムバックショーが再び!

3rdフルアルバム「LOVE YOURSELF 轉 "Tear"」で8ヶ月ぶりにカムバックしたBTS(防弾少年団)。2018年5月24日に日韓同時"緊急"生放送と銘打ってカムバック記念番組「BTS COMEBACK SHOW HIGHLIGHT REEL」が放送された。新曲「FAKE LOVE」のステージはもちろん、アルバム収録曲を含む全5曲を披露したり、「防弾少年団ファン入門ガイド」や「メンバーの充電方法」などファン必見の貴重映像満載のスペシャル番組。放送当時、SNSでトレンド入りするなど話題をさらった番組を嬉しい日本語字幕付きで再放送する。 


(C)CJ E&M Corporation, all rights reserved

韓国の7人組ヒップホップボーイズグループBTS(防弾少年団)。彼らはレベルの高い楽曲とダンスパフォーマンスを武器に、自国に留まらず世界の音楽賞を多数受賞している、今1番勢いのあるアーティストだ!と言うと、手あかのついた表現だと思われるかもしれない。が、彼らはその表現にふさわしいほど世界中でファンを増やしている。彼らの凄さは、楽曲とダンスだけではない。自ら積極的に提案する、圧倒的なプロデュース力もそうだ。自分たちで作詞作曲振り付けまで手掛け、異なる才能を活かして7人でBTSを作り上げていく。それゆえの一体感、文字通りの一糸乱れぬフォーメーションダンス、調和された楽曲。与えられたものをただ機械的に表現するのではなく、7人が合わさることで一つの新しい音楽が生まれている。


(C)CJ E&M Corporation, all rights reserved

BTSの名前には、10代、20代に向けられる抑圧や偏見を止め、自身たちの音楽を守りぬくという意味が込められている。今や日本でもご周知の通り、韓国ではなりたい職業として上位に位置する芸能人への道程は、日本以上に狭き門である。さらにメンバーにはソウル市出身はおらず、地方出身者ばかり。不利な環境からのスタートでも幼い頃から明確な目標を持ち、歌やダンスやラップにひたすらに自己研鑽を重ねてきた。ラップモンスターと名乗るほどの実力を持つラッパー、世界で最もハンサムな顔に選ばれるイケメン、高校の舞踏科に入学したこともある天才ダンサーまでよりどりみどり。その才能は努力の末に勝ち取ったもの。彼らの音楽は、まさに"血、汗、涙"の結晶なのだ。そんな濃いバックボーンが、自然と彼らの楽曲にダンスにふとした仕草に滲み出ている。見た目のキラキラ感もさることながら、それ以上に人間味溢れる部分に共鳴する若者が多いのもパフォーマンスを見れば分かっていただけるだろう。知れば知るほどハマるのがBTS。まずは一度、骨太な熱いパフォーマンスをご覧あれ。

文=中川菜都美

この記事の画像

放送情報

BTS COMEBACK SHOW HIGHLIGHT REEL (日本語字幕版)

放送日時:2018年7月12日(木)20:00~

チャンネル:Mnet

※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

関連人物

関連記事