20代・30代・40代...と年齢を重ねるたびに魅力を増すコン・ユの人気が再燃!

韓国で社会現象を生んだ大ヒットドラマ「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」(2016年)から3年――今年40歳を迎えた人気俳優コン・ユ。しばらく充電期間に入っていた彼が、日本でも異例の大反響を巻き起こしている同名小説の映画化『82年生まれ、キム・ジヨン』で3年ぶりに復帰。また、若手俳優パク・ボゴムとのW主演映画『徐福』の公開も控えるなど、立て続けに映画出演を果たし、改めてその人気と実力に注目が集まっている。

『男と女』

(C)2016 showbox and bom film productions ALL RIGHTS RESERVED.

そもそもコン・ユは2000年代初頭から数多くの恋愛ドラマに出演し、その爽やかなルックスと清潔感あふれる佇まいで日本でも抜群の人気と知名度を誇ってきた。特に、イケメン限定のカフェを舞台にした「コーヒープリンス1号店」(2007年)でのブレイクぶりは凄まじく、初放送から10年以上も経っているとは思えないほど、コン・ユの代表作として定着している作品だ。イケメンに変装した少女・ウンチャンとの恋に悶えるカフェオーナーという、同作での少女漫画めいたキャラ設定もあってか、アイドル的な人気者のイメージは今なお健在と言えるかもしれない。

そんなふうに20代で人気俳優の地位を確立したコン・ユは、兵役を経て、30代では"イケメン俳優"といったイメージからの脱却を図るかのように、『トガニ 幼き瞳の告発』(2011年)や『サスペクト 哀しき容疑者』(2013年)、『新感染 ファイナル・エクスプレス』(2016年)、『密偵』(2016年)...といった衝撃的なテーマの映画に出演する。前述の「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」は、そんな状況下で実に5年もの間、人気脚本家キム・ウンスクからラブコールを受け続けた末に決断した4年ぶりのドラマ出演であり、にじみ出る包容力と大人の色気で新たなファン層を開拓した作品だったのだ。

『男と女』

(C)2016 showbox and bom film productions ALL RIGHTS RESERVED.

そんな彼が"30代の集大成"として本格的なラブストーリーに挑戦したのが、12月6日(金)にKBS Worldで放送される『男と女』。本作は、雪に覆われたフィンランドで出会い、禁断のW不倫に陥っていく男女の激しくも切ない恋を描いた本格派ラブストーリーだ。

コン・ユが演じるのは、責任ある"良き夫"として日々を懸命に生きてきたギホン。子どもの国際学校で出会った人妻・サンミンと一緒に、遠く離れた北のキャンプ場で向かうことになった2人が、大雪で通行止めになったことから、誰もいない森の小屋で体を重ね合わせてしまう...。誰しもの心に潜む激しい愛の感情を呼び覚ましていく本作では、国際的な評価も高い相手役の演技派女優チョン・ドヨンを相手に、大胆なラブシーンにも挑戦。30代も後半に差し掛かり、大人の色気も加味されたコン・ユが、鍛え上げられた肉体をベッドでさらけ出し、本能のままに愛を交わす姿からは目が離せなくなってしまう...!

『男と女』

(C)2016 showbox and bom film productions ALL RIGHTS RESERVED.

年齢を重ね、実力派俳優へと着実に歩みを進めてきたコン・ユの姿が思う存分楽しめる『男と女』。そんな彼のキャリアの転換点とも言える本作を改めて再見してほしい。

文=スズキヒロシ

この記事の画像

放送情報

男と女
放送日時:2019年12月6日(金)23:20~
チャンネル:KBS World
※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!