パク・ソジュンカン・ハヌル共演の映画「ミッドナイト・ランナー」に今こそ注目!

「ミッドナイト・ランナー」より
「ミッドナイト・ランナー」より

韓国で動員550万人を突破した大ヒット映画『ミッドナイト・ランナー』が、ムービープラスで放送される。感情先行型の行動派ギジュンと、理論重視の頭脳派ヒヨルという警察学校で出会った凸凹コンビが繰り広げる、痛快アクション・エンターテイメントである。

(C)2017 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

映画版のダブル主演を務めるのは、韓国の人気俳優であるパク・ソジュンとカン・ハヌル。ギジュンを演じるパク・ソジュンは、「彼女はキレイだった」「花郎(ファラン)」といったテレビドラマ主演作が大ヒットを記録。また、上野樹里も出演した韓国映画『ビューティー・インサイド』といった映画作品にも出演している注目株だ。米アカデミー賞で作品賞を獲得した大ヒット作『パラサイト 半地下の家族』で、友人に家庭教師の仕事を紹介するエリート大学生を演じていた俳優、といえばピンと来る人も多いかもしれない。

一方、ヒヨルを演じるカン・ハヌルは、演劇俳優出身の両親のもとに生まれ、ミュージカル俳優として注目を集めた。その後、映画『二十歳』や、テレビドラマ「ミセン-未生-」「麗〈レイ〉~花萌ゆる8人の皇子たち~」といった映像作品に出演し、大ブレイクを果たした。そんな韓国の新世代スター俳優の共演が話題を集めた本作。

(C)2017 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

物語の主人公は、警察大学に通う2人の青年だ。彼らは、とある犯罪グループが若い女性を拉致する現場を目撃。いったんは警察に通報するものの、手続きの煩雑さや、証拠が少ないということもあり、なかなか捜査が進まない。だが、早く動かないと女性の身が危ないと感じた彼らは、独自の捜査を開始することに――。

この映画の面白さは、主人公の2人が"警察官ではない"ということだ。現場経験ゼロの彼らは、誰よりも熱い正義感にかられて捜査を進めようとするが、警察官でないゆえに、数々の困難が彼らの前に立ちはだかる。頼りになるのは、学校で習ったわずかな"知識"と、自分の"情熱"だけ。それでもがむしゃらに突き進む2人の無鉄砲さに、観客は時にハラハラし、手に汗を握ってしまう。また、トレーニングシーンなどで披露した鍛え抜かれた身体の見事さも話題を集めた。

(C)2017 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

韓国では口コミが広がって大ヒットを記録したというだけあって、面白さは保障付きだ。ハラハラドキドキしながらもコミカルなところもあり、あっという間に時間が過ぎるような爽快な作品となっている。

文=壬生智裕

この記事の画像

放送情報

ミッドナイト・ランナー
放送日時:2020年4月2日(木)19:00~ほか
チャンネル:ムービープラス
※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!