共演者のゴニルが告白!「最初、チ・ヒョヌ兄さんがかっこよすぎて正直ショックでした」

(写真左から)チ・ヒョヌ、キム・ソウン、ゴニル(Funky Galaxy)(「恋愛は面倒くさいけど寂しいのはイヤ(原題)」インタビューSP)
(写真左から)チ・ヒョヌ、キム・ソウン、ゴニル(Funky Galaxy)(「恋愛は面倒くさいけど寂しいのはイヤ(原題)」インタビューSP)

2000年代初頭よりミュージシャンとして活動する一方で、本格的な俳優活動をスタートさせたチ・ヒョヌ。かつては"癒し系NO.1俳優"とも称された独特の存在感で、「イニョン王妃の男」(2012年)や「トロットの恋人」(2014年)、「悲しいとき愛する」(2019年)といった話題のドラマに多数出演してきた実力者だ。

除隊後、社会問題をテーマにしたドラマで新境地を見せてきたヒョヌだが、11月23日(月)より日本初放送されるラブコメディ「恋愛は面倒くさいけど寂しいのはイヤ(原題)」では、恋愛が苦手な精神科医・ガンウ役でまた新たな一面を見せている。物語の舞台となるシェアハウスの住人であるヒロイン・ナウンを演じたキム・ソウン、その親友のヒョンジンを演じたゴニルと共にインタビューに応えた彼は、30代のリアルな恋愛を描いた本作の見どころについて語った。

チ・ヒョヌが恋愛下手な精神科医に!(「恋愛は面倒くさいけど寂しいのはイヤ(原題)」)

(C)MBC PLUS

――「恋愛は面倒くさいけど寂しいのはイヤ」の日本初放送がKNTVでスタートします。今のお気持ちは?

ヒョヌ「日本でも放送されることになり嬉しいです。僕がときめいているのと同じくらい、ご覧いただく日本の皆さんにもときめいていただけるといいなと思います」

ソウン「私もとても期待しています。韓国とあまり変わらず日本でもすぐ放送がスタートしますので、ぜひご覧いただき応援してください。一生懸命撮影しましたので愛していただければと思います」

ゴニル「KNTVで僕たちのドラマがスタートしますが、(日本語で)KNTVにはお世話になってます(笑)。(注::KNTVでレギュラー放送中の『Power of K SOUL LIVE』でMCとして出演中)感謝していますし、愛しています。ぜひご覧ください」

「恋愛は面倒くさいけど寂しいのはイヤ(原題)」

(C)MBC PLUS

「恋愛は面倒くさいけど寂しいのはイヤ(原題)」

(C)MBC PLUS

――共演してみていかがでしたか?

ヒョヌ「ソウンさんとは数年前にも共演したことがあります。今作で再共演して感じたのは演技の呼吸がとても似ているんです。ソウンさんの目を見ただけで、今このタイミングでどうしなければいけないか、言葉で伝えなくても分かりあえる感情がありました。そういった部分が演技しながら面白かったですね。ゴニルさんは今作が初共演なんですが、クールなようでいて自然体で良い雰囲気を感じています」

ソウン「お二人と共演でき、演技の呼吸はぴったりだと思います。ヒョヌオッパとは以前にも共演しましたが、今作でまた出会い新鮮ですし、先ほどおっしゃったのと私も同じような感じです。オッパが何をしようとしているのか言葉にしなくてもすぐ感じられ、自然に演技できています。ゴニルオッパは私が気楽に演じられるようにしてくれています。それでさらに自然体の友達の演技ができたと思います」

ゴニル「僕は初めてヒョヌ兄さんに会った時、正直ショックでした。とてもかっこよくて驚きました!その時、兄さんは済州島で映画の撮影をしてそのまま来たのですが、ヘアスタイルがすごく似合っていて『僕もあんな髪型にしたいな』と思いました。ソウンさんは出演作をいろいろ見ていたため、最初は『わー、テレビに出ている人だ』と感じました。性格がとても良くて、気楽に昔からの知り合いのように演技できとてもよかったです」

「恋愛は面倒くさいけど寂しいのはイヤ(原題)」

(C)MBC PLUS

――ガンウ(チ・ヒョヌ扮する精神科医)の魅力はどこだと思いますか?

ヒョヌ「ガンウは気遣いの人です。同じ言葉でもどう伝えればより相手に温かく届くかということをたくさん考えています。ガンウの魅力が感じられるそんなセリフも見どころだと思います。癒しや共感について、本作で演じながらガンウから学びました」

「恋愛は面倒くさいけど寂しいのはイヤ(原題)」

(C)MBC PLUS

――ナウン(ソウン扮する小説家志望の女性)とのシンクロ率は?

ソウン「シンクロ率は80%くらいです。ナウンは大変な状況でもくじけず自分の道を進むため努力するかっこいい人物なんです。私も演じながらどうすれば視聴者の皆さんに共感いただけるか、どうすればこの感情をうまく伝えられるか努力しながら演じましたが、そうした努力する姿が似ていると思います。ナウンがかっこよく見えるよう努力しました」

「恋愛は面倒くさいけど寂しいのはイヤ(原題)」

(C)MBC PLUS

――ヒョンジン(ゴニル扮する客室乗務員)はどんな人物ですか?

ゴニル「ナウンの18年来の親友です。コンプレックスなく真っすぐ育った人物です。また仕事に対してはプライドが強い面もあります。ナウンを長年見守りながら、友だちだと考えていたんですが、ガンウと3人で生活するようになり、『あ、僕はナウンに惹かれていたんだな』と気づいていく人物です。彼女(ヨチン)と女友達(ヨサチン)は一文字違いですが、まったく違いますよね。僕たち3人の三角関係が展開されますが、視聴者の皆さんにヒョンジンのような人物が傍にいたら楽しいなと感じていただければと思います。ソウンさんが新しくときめく男・ガンウ、そして長年の気楽な友だち・ヒョンジン、どちらを選択するのか見守っていただければと思います」

チ・ヒョヌ(「恋愛は面倒くさいけど寂しいのはイヤ(原題)」)

(C)MBC PLUS

――最後に日本のファンにメッセージをお願いします。

ヒョヌ「僕が初めて台本を読んだ時のときめきを感じていただければと思います。刺激的な内容ではなく、健康的なドラマだと思いますので、視聴者の皆さんも仕事終わりに、お酒とお菓子を手に気楽に楽しんでいただければと思います」

ソウン「男性、女性問わず、自分自身のことのように共感しながらご覧いただける作品だと思います。ぜひお楽しみください」

キム・ソウン(「恋愛は面倒くさいけど寂しいのはイヤ(原題)」)

(C)MBC PLUS

ゴニル「日本と韓国では恋愛観なども違うと思いますが、その違いが楽しんでいただけると思います。日本の皆さんにも韓国の恋愛や胸キュンポイントなどを感じていいただければと思います」

ヒョヌ「ゴニルさん、日本の視聴者に日本語で話したら?」

ゴニル「(日本語で)皆さん、ゴニルです。今回のドラマはすごく心が温かくなる、最近の(刺激的な)作品とは違ういろんな魅力が入っているドラマだと思います。頑張って作った作品なので僕たちのドラマ、そしてここにいる3人もたくさんの応援よろしくお願いします。楽しみにしてください!」

ゴニル(Funky Galaxy)(「恋愛は面倒くさいけど寂しいのはイヤ(原題)」)

(C)MBC PLUS

文=HOMINIS編集部

この記事の画像

放送情報

「恋愛は面倒くさいけど寂しいのはイヤ」インタビューSP
放送日時:2020年11月16日(月)22:00~
恋愛は面倒くさいけど寂しいのはイヤ(原題)
放送日時:2020年11月23日(月)20:00~
※毎週(月)20:00~(2話連続放送)
チャンネル:スカチャン1(KNTV801)、KNTV
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!