ジェジュンが恋心を代弁したOSTも話題!イ・セジンが表現するピュアな韓国BLの世界

「Mr.ハート」
「Mr.ハート」

今年爆発的にヒットした「2gether」を筆頭に、タイ発のBLドラマが世界的なムーブメントを巻き起こしている昨今。イケメン俳優たちが少女漫画さながらの胸キュンシーンを演じるBLドラマの人気はタイだけに留まらず、フィリピンや台湾などアジア各国でも良質なBLドラマが制作され、人気が高まっている。

そんな流れを受けてか、ドラマ大国の韓国でも制作会社・W-STORYが、韓国初のBLドラマ「君の視線が止まる先に」(2020年)を制作。サバイバルオーディション番組「PRODUCE X 101」に出演しこれが俳優デビューとなったハン・ギチャンが主演を務めたことも話題を呼び、爽やかで甘酸っぱい高校生同士の恋愛模様が熱い注目を浴びた。その人気ぶりは、すぐさま映画版も制作されるほどで、「2020年富川(プチョン)国際ファンタスティック映画祭」に公式招待されたほか、日本でも10月に劇場公開され好評を博した。

「PRODUCE X 101」でも注目されたイ・セジンの恋模様に注目(「Mr.ハート」)

(C)2020 W-STORY All rights reserved

そんな第1弾作品「君の視線が止まる先に」の人気を追い風に、W-STORYはすぐさま第2弾の制作を開始した。それが12月15日(金)に衛星劇場で日本初放送されるドラマ「Mr.ハート」だ。マラソン界の有望株とされる大学1年生のジン・ウォンと、彼の1年後輩でペースメーカーを務めることになるサンハの愛と友情を描き出していく。

「Mr.ハート」

(C)2020 W-STORY All rights reserved

裕福だけど威圧的な父のもとで育ったジン・ウォンは、父の手が及ばない身ひとつで勝負できるマラソンにストイックなまでに励むエース選手。高校時代には大会記録保持者として活躍していたものの、大学に入りスランプに陥ってしまう。そんな彼を助けるべくペースメーカーとして起用されたのが、牛乳配達をしながら学業に励む苦学生・サンハだった。

最初こそサンハの生意気な態度にジン・ウォンはイライラを募らせ、険悪なムードが漂うが、その実、サンハは高校生の頃からジン・ウォンに想いを寄せていたのだった...。

「Mr.ハート」

(C)2020 W-STORY All rights reserved

「Mr.ハート」

(C)2020 W-STORY All rights reserved

そんなサンハを演じたのは、「PRODUCE X 101」でファイナリストとして注目されたイ・セジン。もちろん歌って踊れる多彩な才能を持っているのだが、俳優としても既に2011年の映画『水の温度』でデビューを飾っていた。その後も「Yellow」(2018年)や「恋するアプリ」(2019年)などさまざまなドラマに出演する実力者だ。

一方のジン・ウォン役には、韓国俳優グループ・THE MAN BLK(ザ・マン・ブラック)のメンバー、チョン・スンホ。クールで不愛想なジン・ウォンと子犬のように愛くるしいサンハを、フレッシュな2人が誠実に演じている。

「Mr.ハート」

(C)2020 W-STORY All rights reserved

「Mr.ハート」

(C)2020 W-STORY All rights reserved

また、ジェジュンが約6年ぶりにOSTに参加した作品であることも見逃せないポイントだ。劇中で流れるジェジュンの「呼びかけても」は、誰も手を差し伸べてくれる人がいなかった時代に別れた恋人に向けた曲となっており、まるでサンハの気持ちを代弁するかのよう。切ない音色とジェジュンの優しい歌声が、ドラマをより一層盛り上げている。

「Mr.ハート」

(C)2020 W-STORY All rights reserved

「Mr.ハート」

(C)2020 W-STORY All rights reserved

先輩・後輩の微妙な関係が次第に恋愛へと変化していくという王道の学園ドラマの胸キュン度はもちろんだが、韓国のエンタテインメント界で幅広く活躍する2人の相性も抜群。まだ韓国BLドラマを見たことのない人にこそ、ぜひ注目してもらいたい一作だ。

文=津金美雪

この記事の画像

放送情報

Mr.ハート
放送日時:2020年12月15日(火)23:00~
※8話連続放送
チャンネル:衛星劇場
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

衛星写真に写った海の色から産まれた海のクレヨン
スカパー!