ジュノの除隊まであとわずか...Jun.Kら才能あふれる2PMの完全カムバックが待ち遠しい!

ジュノ(「人気歌謡#784」)
ジュノ(「人気歌謡#784」)

国防の義務を果たすため2017年からグループとしての活動を休止している2PM。2017年9月に入隊したテギョンを皮切りに、アメリカ生まれのニックン以外のメンバーは次々と兵役期間に突入していった。

2020年までの間にテギョン、Jun.K(ジュンケイ)、ウヨンの3人はすでに芸能界に復帰し、最年少メンバーのチャンソンも今年1月に軍服務を無事終えたばかり。そして、最後に兵役に就いたジュノの除隊の日もいよいよ3月と間近に迫ってきており、ついに6人全員がそろう完全体でのカムバックに期待が高まっている。

野獣アイドルとして人気を集めた2PM(「人気歌謡#784」)

(C)SBS

新人育成バラエティ「熱血男児」で結成までの過酷なトレーニングが注目を集め、2008年に満を持してミニアルバム『Hottest Time Of The Day』でデビューを果たした2PM。それまでのアイドルにない筋肉質な肉体と力強いアクロバティックなパフォーマンスは、すぐさま話題になり"野獣アイドル"としてその名を轟かせることとなった。

その人気は韓国を飛び越え、2010年末には東京・両国国技館でのショーケース開催と共に華々しく日本デビュー。迫力のあるダンスに男らしさを感じさせつつもどこか温かみを感じる歌声で、日本でも大きなファンダムを築き上げていった。最近ではNiziUを生んだオーディション番組「Nizi Project」の中で、課題曲として「I'll be back」や「Heartbeat」が披露され、改めて彼らの楽曲のレベルの高さに注目が集まっていた。

「人気歌謡#561」

(C)SBS

ジュノ(「ミュージックバンク World Tour Special 2012」)

Licensed by KBS Media Ltd. (C) KBS. All rights reserved

2013年にグループ初のソロデビューを飾ったのは、チャンソンとともにマンネ(末っ子)ラインであるメインボーカルのジュノ。ソロ曲では耳なじみの良いジュノの声と多くの人に愛されるポップなメロディラインが特徴で、入隊前までコンスタントにアルバムのリリースを重ねてきた。また、ファンへの想いにあふれたジュノは2013年のソロデビュー以来、全国ツアーを毎年行ってきたが、入隊前最後に行われた日本武道館3DAYS公演では、別れを惜しむファンで埋め尽くされていた。あれから2年以上が経った今、"再会"の約束が待ちきれないファンも多いことだろう。

Jun.K(「人気歌謡#784」)

(C)SBS

一方、ジュノのほかにソロ活動を積極的に行ってきたメンバーと言えば、2014年に日本でソロデビューを果たしたJun.K。「HIGHER」や「My House」などの楽曲制作も手がけ、色気のある甘い歌声を持つ彼は、伸びやかなロングトーンだけでなく、ラップパートもこなす実力者だ。3月10日(水)には待望の5thアルバム『THIS IS NOT A SONG』をリリース予定で、除隊後初となる彼のソロアルバムも非常に待ち遠しい。

チャンソン(「人気歌謡#784」)

(C)SBS

彼らが日本デビューした10年前とは違い、今では多数のK-POPグループが続々と日本デビューを果たしている。それでも、天才プロデューサー、J.Y. Parkが時間をかけて育て上げた2PMのように、野性味のあるオーラと華のある圧倒的なパフォーマンス力とを兼ね備えたボーイズグループは数少ないだろう。

そんな実力者ぞろいのメンバー6人が勢ぞろいし、ダイナミックなステージを繰り広げた「SBS人気歌謡」や「ミュージックバンク」ワールドツアーが、3月にDATVにてセレクト放送される。ぜひ日本デビューから一気にスターダムを上がった当時の2PMの姿を再見し、今年のカムバックを楽しみに待ちたい。

文=津金美雪

この記事の画像

放送情報

SBS人気歌謡 #561
放送日時:2021年3月1日(月) 21:30~
ミュージックバンク World Tour Special 2012
放送日時:2021年3月3日(水)21:30~
SBS人気歌謡 #784
放送日時:2021年3月22日(月) 21:30~
チャンネル:DATV
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!