きっかけは改名?演技派俳優イ・テリの過去をのぞき見|Kカル!

© STUDIO DRAGON CORPORATION

改名後も大活躍!子役出身俳優イ・テリが熱い!

子役出身俳優イ・テリさん。といってピンとこない人もいるかもしれませんが、『太陽を抱く月』のヤンミョン(陽明:成人役はチョン・イルさん)の幼少期役を演じたイ・ミンホさんといえば、「ああ!」とわかる方は多いのではないでしょうか。

かつて本名のイ・ミンホの名で活動していた彼は、2018年、25歳のときに活動名を『イ・テリ』に変え、新たな一歩を踏み出しました。子役出身の俳優さんたちは、子役のイメージからいかに上手く脱却するのかが、成人俳優として成功する鍵と言われていますが、イ・テリさんは、活動名を変えるという作戦を選択したようです。

© STUDIO DRAGON CORPORATION

イ・ミンホさん、もといイ・テリさんが、改名を決意したのには、ある俳優さんの存在もあったそうです。それが『ザ・キング:永遠の君主』主演俳優で、イ・テリさんの本名と同姓同名のイ・ミンホさん。ある時、バラエティ番組『ランニングマン』のキャスティング担当の方から、イ・テリさんのマネージャーさんにゲスト出演依頼の連絡が来たそうです。マネージャーさんはオファーに喜びますが、よくよく聞いて見ると、『ザ・キング』のイ・ミンホさんと勘違いをしている様子...。気づかないフリをしてオファーを受けようとも思ったそうですが、正直に「子役のイ・ミンホ」であることを伝えたとか。結局、番組出演はお流れとなってしまったそうです。なんとも失礼な話ですが、それが改名を検討することになる一つの要因となったようです。

しかし、イ・テリさんにとって改名は、自身のキャリアにいい影響をもたらしてくれました。改名後、イ・テリさんは、『僕が見つけたシンデレラ(ビューティー・インサイド)』『検索ワードを入力してください:WWW』『偶然見つけたハル』『女神降臨』(特別出演)など、休みなくドラマに出演しています。

© STUDIO DRAGON CORPORATION

日本でもMnetで3月から放映が始まる『九尾狐伝』では、主人公と対峙する悪神イムギを演じ、話題となりました。イムギとは、韓国に伝わる伝説上の動物で、河沼に住む"龍"になり損ねた大蛇。ドラマでは、疫病患者の死体が捨てられていた洞窟の中で生まれ、あるきっかけで現代に蘇ったという設定で、7話から登場します。登場直後は礼儀正しく優しい青年の姿を見せているイムギですが、ある時突然イムギの本性を見せます。そのシーンはあまりに不気味で、迫力があります。そして主人公と火花飛び散る戦いを繰り広げることになるのですが、「イムギが怖すぎてトラウマ。だけどカッコいいから見ちゃう」「クレイジーな言動をするのに、声が良すぎて️!」など、韓国ではその魅力にハマる人が続出しています。それもこれも、イ・テリさんのルックスと演技のおかげ。そのセクシーすぎる悪神の姿をぜひ『九尾狐伝』でご覧ください。

取材・文:酒井美絵子

聖心女子大学卒業後の2001年に渡韓。韓国外国語大学大学院在学中の2002年から、韓国から日本に輸出されるK-POP紹介番組などに出演。2004年からは日本の韓流ブームに乗り韓流雑誌への寄稿を開始。その後、出版・テレビ・映画といったメディア業界を中心に、ライター、コーディネーター、翻訳家として日々活動中。

「Kカル! powered by スカパー!」とは

「Kカル! powered by スカパー!」とは、2016年4月より読売新聞夕刊「POPSTYLE(ポップスタイル)」紙面にて「シムクン♥韓流」として始まったスカパー!とのコラボ連載企画です。

2019年4月からは枠はそのまま内容がリニューアル!お隣だけど、まだまだ知られざる魅力がいっぱいの韓国。その文化、社会、流行、グルメなどを「Kカルチャー」=「Kカル」と称して毎月紹介します。

当サイトでは、「Kカル!」専属ライター、酒井氏によるコラム記事を紹介していきます。「Kカル!」は、毎月第4水曜日にて連載中です。
※読売新聞夕刊をご購読でない方は、駅売店などでお求めください。50円です。また、よみうりショップでも紙面販売を受け付けております。

詳しくは、こちら↓の紙面購入方法をご覧下さい。
http://blog.yomiuri.co.jp/popstyle/yukan.htm

Kカル!コラム一覧

この記事の画像

放送情報

© STUDIO DRAGON CORPORATION

「九尾狐伝(原題)」

【番組概要】
イ・ドンウク主演!九尾狐(クミホ)と人間の女性の愛を描いたファンタジーアクションロマンス!
舞台は妖怪が人知れず暮らしている現代韓国。運命の出会いを果たした男の九尾狐と人間の女性が、人々にあだなす悪の妖怪に立ち向かう!
尊大な性格だが愛する女性には一途な九尾狐イ・ヨンを演じるのは、「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」で死神役を務め切ない演技を見せたイ・ドンウク。
悲しい過去を持ちながらも今を強く生きる女性ナム・ジアを、注目度上昇中の女優チョ・ボアが演じる。そしてヨンの腹違いの弟イ・ランをキム・ボムが演じ、イ・ドンウクとの波乱に満ちたブロマンスを展開する。
九尾狐と人間による人と人ならざる者の恋の行方は?そして、ヨンとランの因縁の結末は?
現代になじんだ妖怪や人間離れしたアクションなど、その独特な世界観作りにこだわったファンタジーアクションロマンスをお楽しみに!


【あらすじ】
1999年、“狐の坂”で交通事故に遭い両親を失ったナム・ジア(チョ・ボア)。
それから21年後、怪談番組のプロデューサーになったジアは花嫁が駆け落ちして姿を消したとされる結婚式場で怪談のにおいを嗅ぎ取る。
真相を突き止めるために取材を進めた先で出会ったのは、21年前“狐の坂”で彼女を救った九尾狐のイ・ヨン(イ・ドンウク)だった。

   
演出:カン・シンヒョ, チョ・ナムヒョン
脚本:ユ・ジョンヒ
出演:イ・ドンウク, チョ・ボア, キム・ボム, ファンヒ, キム・ヨンジ


放送情報:3月7日(日) 19:45~ 第1話先行放送
     3月22日(月) 22:00~より本放送スタート

チャンネル・料金情報はこちら


このチャンネルみるなら韓流セットがお得!

この記事をシェアする

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!