完璧な御曹司ぶり!イケメン俳優チャオ・ジーウェイ出演の人気ラブコメシリーズ最新作

「シンデレラ・ラブ」
「シンデレラ・ラブ」

(C)Jetsen Huashi Wangju (Changzhou) Cultural Media Co., Ltd.

記憶を失ったイケメン御曹司社長が、元カノと知らずにスーパー秘書に再び恋をする...人気ドラマ「旦那様はドナー」制作陣によるドキドキラブコメディの最新版「シンデレラ・ラブ」が10月13日(水)より女性チャンネル♪LaLa TVにて放送される。

「シンデレラ・ラブ」
「シンデレラ・ラブ」

(C)Jetsen Huashi Wangju (Changzhou) Cultural Media Co., Ltd.

IQもEQもハイレベルで何でもこなすスーパー秘書のニエ・シンチェン(シュエン・ルー)はある日、上司から「空港に取引先の社長を出迎えてほしい」と急遽頼まれる。その取引先の社長というのはイエン・ジンジー(チャオ・ジーウェイ)という完璧主義の御曹司社長。実はジンジーとシンチェンは5年前に付き合っていたが、あることをきっかけにジンジーは記憶を失い、ジンジーがシンチェンのことやシンチェンが恋人である記憶をなくしてまったため、2人の関係は消滅してしまっていた。

そんなジンジーはシンチェンが元恋人だとまったく気づかず、彼女の仕事ぶりを気に入り、なんとか彼女を自分の秘書にしようと画策。シンチェンは自分のことを忘れてしまっているジンジーと関わりたくなかったが、最終的に彼の秘書になることを受け入れ、ジンジーは一緒に過ごしているうちにシンチェンの記憶がだんだんと戻ってくるが...。

「シンデレラ・ラブ」
「シンデレラ・ラブ」

(C)Jetsen Huashi Wangju (Changzhou) Cultural Media Co., Ltd.

"奈何(ナイホー)BOSS"シリーズ「旦那様はドナー」の姉妹編となる本作。シリーズ1作目「旦那様はドナー」は低予算のネットドラマから始まったが、配信後の反響が大変好評だったため、シリーズ化。本作は続編ではなく姉妹編でストーリーは異なるが、制作チームは前作と変わっておらず、胸キュンの恋愛描写はそのまま。原作は、作家・純風一度のネット小説「独愛天価暖妻」で、総クリック数1億回超えの話題作だ。

「シンデレラ・ラブ」
「シンデレラ・ラブ」

(C)Jetsen Huashi Wangju (Changzhou) Cultural Media Co., Ltd.

日本でも大ヒットしたドラマ「陳情令」で江澄の姉役・江厭離を演じたシュエン・ルーと、ドラマ「刺客列伝」や「となりのツンデレ王子」に出演するチャオ・ジーウェイの2人に加え、他にも期待の若手俳優たちが主演2人の恋模様を彩っていく。監督は、大ヒットドラマ「ダイヤモンドの恋人」や「寵妃の秘密2 ~愛は時空を超えて~」で知られているウー・チアンが担当しており、見逃せない1作となっている。

この記事の画像

放送情報

シンデレラ・ラブ
放送日時:2021年10月13日(水)21:30〜
※毎週(月)〜(金)21:30〜
チャンネル:女性チャンネル♪LaLa TV
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

衛星写真に写った海の色から産まれた海のクレヨン
スカパー!