チャン・ナラとの絶妙なカップリング!OSTも評判を呼ぶヨンファ(CNBLUE)の除隊復帰作

「テバク不動産(原題)」
「テバク不動産(原題)」

Licensed by KBS Media Ltd. (C) 2021 KBS. All rights reserved

2019年末に除隊し、ロックバンド・CNBLUEのリーダーとして2020年の10周年アニバーサリーイヤーを駆け抜けたヨンファ。約3年8ヶ月ぶりにカムバックしたアルバム『RE-CODE』がファンを大いに喜ばせた一方で、彼のもう一つの顔である"俳優ジョン・ヨンファ"としても「テバク不動産(原題)」でカムバック。彼の除隊復帰作として今春、韓国で放送された際にも話題を呼んだ本作がいよいよ日本初放送を迎える。

「美男<イケメン>ですね」直後の2010年に出演したヨンファ(「ユ・キムの遊びにおいで#309(ジョン・ヨンファ出演回)」)
「美男<イケメン>ですね」直後の2010年に出演したヨンファ(「ユ・キムの遊びにおいで#309(ジョン・ヨンファ出演回)」)

(C)MBC

ヨンファの経歴を振り返ると、音楽修行のため来日した2009年に遡る。ライブハウスやストリートなどで100回以上のライブを経験し、同年8月に日本でインディーズデビュー(2011年には日本メジャーデビュー)をしていたことは広く知られている。地道な下積み活動の中、出演する韓国ドラマ「美男<イケメン>ですね」(2009年)が日本で爆発的ヒットしたことを機に、CNBLUEの知名度も急上昇していった。

一方、韓国ではミュージシャンとしてではなく、「美男<イケメン>ですね」で先に俳優デビュー。その後の主演ドラマ「オレのことスキでしょ。」(2011年)では「美男<イケメン>ですね」に続いて人気女優パク・シネとの連続共演。前作では、イケメンのモテキャラながら"当て馬"とも言える役柄を演じたヨンファが"ついにパク・シネと結ばれる...!"という妄想を胸に、日本でも多くのファンが熱狂し、人気にさらに拍車がかかっていった。日韓でミュージシャン&俳優業を並行させるという稀有な活動で、ヨンファはCNBLUEを引っ張り続けてきた。

「テバク不動産(原題)」
「テバク不動産(原題)」

Licensed by KBS Media Ltd. (C) 2021 KBS. All rights reserved

そんな俳優としても高い支持を集めるヨンファ待望の主演最新作が「テバク不動産(原題)」。演じるのは、完璧なルックスと優れた話術を武器に、除霊と称して人を騙すお調子者のイケメン詐欺師、オ・インボムだ。

相手役はラブコメ女王のチャン・ナラで、2人の芝居のケミストリーを想像しただけで期待が高まるカップリング。ワケあり物件専門の不動産オーナーにして除霊師のホン・ジアに扮したナラが、霊媒体質のインボムと手を組み、成仏できない悪霊を退治するという異色のラブコメディだ。

ヨンファの役への没入度は韓国放送時に高い評価を得ており、1話の中でも刻々と変化する状況に応じた感情表現が秀逸だ。これまでと全く異なる詐欺師らしい巧みな言葉遣いや図々しさ、幽霊に憑依されるシーンでの鬱憤や怒りを爆発させる姿は、俳優としてより一層の成長ぶりを感じさせる。幽霊との渾然一体ぶりを体当たりで演じ切る、高難度の"憑依アクション"も見逃せない。

「テバク不動産(原題)」
「テバク不動産(原題)」

Licensed by KBS Media Ltd. (C) 2021 KBS. All rights reserved

さらにヨンファとナラは、本作のOSTにも参加している。ヨンファが担当したエンディングに流れる「I Got Ya」は、ウェスタン風のサウンドが印象的な"レトロハイブリッド"ジャンルのナンバー。映画『ゴーストバスターズ』を連想させるホラー的感覚と軽快なメロディーの中に、独特の少しハスキーなヨンファらしいボーカルが映える。クールさと甘さの両方を表現したさすがの歌唱力に感服だ。

「テバク不動産(原題)」
「テバク不動産(原題)」

Licensed by KBS Media Ltd. (C) 2021 KBS. All rights reserved

去る10月20日には、CNBLUEとして、前作『RE-CODE』から11ヶ月ぶりのカムバックとなる9thミニアルバム『WANTED』もリリースしたばかり。ヨンファが作詞作曲したタイトル曲「Love Cut」は今までとガラリとコンセプトを変えたメッセージ性の強い楽曲で、カウボーイなどに変身した西部劇のような雰囲気のMVも好調な再生回数を記録している。

ヨンファがMCとして出演!韓国で今年8月に放送された「アラフォー息子の成長日記#252・253(ジョン・ヨンファ出演回)」
ヨンファがMCとして出演!韓国で今年8月に放送された「アラフォー息子の成長日記#252・253(ジョン・ヨンファ出演回)」

(C)SBS

10年以上に渡り、ミュージシャンと俳優業を第一線で続けているマルチエンターテイナーのヨンファ。30歳を超え、大人っぽさと円熟味が増しつつある今、音楽と演技を行き来して魅了する彼の精力的な活動に改めて注目してみてはいかがだろうか。

文=川倉由起子

この記事の画像

放送情報

テバク不動産(原題) 第1話先行放送
放送日時:2021年11月13日(土)22:30~
※レギュラー放送は12月18日(土)より毎週(土)20:00~(2話連続放送)

アラフォー息子の成長日記#252・253(ジョン・ヨンファ出演回)
放送日時:2021年11月10日(水)・17日(水)23:50~
ユ・キムの遊びにおいで#309(ジョン・ヨンファ出演回)
放送日時:2021年11月20日(土)21:15~
チャンネル:スカチャン1(KNTV801)、KNTV
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

キャンペーンバナー

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事