スキズNCTら王子様さながらの美麗すぎる競演も...aespaIVEら第4世代のカバーステージに歓喜!

NCTのマーク&ジョンウ、SF9のチャニ、Stray Kidsのリノ&ヒョンジン(「2021 MBC歌謡大祭典<字幕版>」)
NCTのマーク&ジョンウ、SF9のチャニ、Stray Kidsのリノ&ヒョンジン(「2021 MBC歌謡大祭典<字幕版>」)

(C)2021 MBC

2022年が明けて早々、「Girls Planet 999:少女祭典」から誕生した9人組ガールズグループ・Kep1erや、Stray KidsやNCT Uのカバー動画が以前から注目されていた7人組ボーイズグループ・TRENDZのデビューが相次ぎ、期待が増すばかりのK-POP業界。そんな今年の業界を牽引していくであろう存在が、"K-POP第4世代"とされるグループだ。

2021年の大晦日に開催された「2021 MBC歌謡大祭典」では、今最も勢いがあるとされる"ズズズ"ことStray KidsやTHE BOYZのほか、ITZY、aespa、IVEなど第4世代の代表格とされる面々が、"TOGETHER"というテーマのもと貴重なコラボやカバーステージを繰り広げ、今年の活躍を予感させていた。

TikTokを沸かせた少女時代のセンター、ユナとジュノ(2PM)の妖艶なコラボ(「2021 MBC歌謡大祭典<字幕版>」)
TikTokを沸かせた少女時代のセンター、ユナとジュノ(2PM)の妖艶なコラボ(「2021 MBC歌謡大祭典<字幕版>」)

(C)2021 MBC

まずオープニングで魅せてくれたのは、今年のMCを務めたジュノ(2PM)とユナ(少女時代)だ。少女時代と言えば、代表曲「Gee」がTikTokで大バズリしたことでも話題に。いわゆる"第2世代"とされ、長年K-POPシーンを盛り上げてきた彼らだが、ジュノは今年の元日に最終回を迎えた主演ドラマ「赤い袖先(原題)」で、俳優としても高評価を得たばかりだ。

少女時代のセンターを長年務めてきたユナと、2PMのセクシーアイコンでもあるジュノという組み合わせだけあって、格別な存在感だ。「senorita」(カミラ・カベロ、 ショーン・メンデス)のコラボステージを展開した彼らは、妖艶な雰囲気を漂わせ、体を密着させるセクシーさ満載のダンスでトップスターとしてのオーラを放つ。オープニングからビッグ過ぎるコラボに、否応なく、テンションが引き上げられていく。

スターが一堂に揃った華やかなステージ(「2021 MBC歌謡大祭典<字幕版>」)
スターが一堂に揃った華やかなステージ(「2021 MBC歌謡大祭典<字幕版>」)

(C)2021 MBC

その後も、先輩に続け...とばかりに、グループや事務所の垣根を超えたアーティストによるコラボが続く。

(G)I-DLEのミヨン、ITZYのイェジ、IZ*ONE出身のキム・ミンジュ、IVEのチャン・ウォニョン&アン・ユジンら、ガールズグループの"ビジュアルセンター"揃いのコラボでは、f(x)の「Rum Pum Pum Pum」をパフォーマンス。ミンジュ、ウォニョン、ユジンと3人のIZ*ONE出身メンバーを筆頭に、息の合ったしなやかなダンスで見る者を魅了する。

(G)I-DLEのミヨン、ITZYのイェジ、IZ*ONE出身のキム・ミンジュ、IVEのチャン・ウォニョン&アン・ユジン(「2021 MBC歌謡大祭典<字幕版>」)
(G)I-DLEのミヨン、ITZYのイェジ、IZ*ONE出身のキム・ミンジュ、IVEのチャン・ウォニョン&アン・ユジン(「2021 MBC歌謡大祭典<字幕版>」)

(C)2021 MBC

そして、ITZYのリア、Stray Kidsのバンチャン、エリックスはミュージカル映画『ラ・ラ・ランド』(2016年)の挿入歌「City of Stars」で哀愁漂うハーモニーを奏でた。王子様さながらの白い衣装で登場したのはNCTのマーク&ジョンウ、SF9のチャニ、Stray Kidsのリノ&ヒョンジン。華麗に「Snow Prince」(SS501)を歌い上げ、曲の合間にマークとヒョンジンはハイタッチまでしてみせた。

ITZYのリア、Stray Kidsのバンチャン、エリックス(「2021 MBC歌謡大祭典<字幕版>」)
ITZYのリア、Stray Kidsのバンチャン、エリックス(「2021 MBC歌謡大祭典<字幕版>」)

(C)2021 MBC

また近年のK-POP業界では、Brave Girlsの「Rollin'」(2017年)や2PMの「My House」(2015年)など、以前リリースされた楽曲が再び音楽チャートに躍り出る"チャート逆走"という現象が注目されている。今回の「2021 MBC歌謡大祭典」でも、そうした先輩グループの楽曲のカバーステージも、非常に注目を集めた。

Stray Kids(「2021 MBC歌謡大祭典<字幕版>」)
Stray Kids(「2021 MBC歌謡大祭典<字幕版>」)

(C)2021 MBC

Stray Kidsがマイクパフォーマンスをしながら「Only You」(2PM)、THE BOYZのジェイコブ、ヨンフン、ケビン、ニュー、ソヌ、エリックが「Kill This Love」(BLACKPINK)、aespaが「Dreams Come True」(S.E.S.)を披露。それぞれのグループならではの新解釈でアレンジされたステージは、原曲を知っている人も知らない人でも楽しめる仕上がりに。

aespa(「2021 MBC歌謡大祭典<字幕版>」)
aespa(「2021 MBC歌謡大祭典<字幕版>」)

(C)2021 MBC

特に、aespaの「Dreams Come True」は、反響を呼んだSM ENTERTAINMENTのリマスタープロジェクトで発表されたばかりということもあり、実際のステージでの生パフォーマンスは必見だ。

キム・ヨンジャ、ASTROのMJ&ジンジン、IVE(「2021 MBC歌謡大祭典<字幕版>」)
キム・ヨンジャ、ASTROのMJ&ジンジン、IVE(「2021 MBC歌謡大祭典<字幕版>」)

(C)2021 MBC

"レジェンドの楽曲"という意味では、大物歌手と若手アーティストのコラボも興味深い。レジェンド歌手、ヤン・ヒウンとASTROのチャウヌによる「Autumn Morning」や、トロット歌手、キム・ヨンジャとASTROのMJ&ジンジンとIVEによる「アモール・ファティ」、ロックバンド・YBとNCTのテイル&ドヨン&ジョンウ&ヘチャンによる「A Flying Butterfly」など、キャリアやジャンルをも超えた共演も、年末歌謡祭ならではの華やかな光景だった。

YBとNCTメンバー(「2021 MBC歌謡大祭典<字幕版>」)
YBとNCTメンバー(「2021 MBC歌謡大祭典<字幕版>」)

(C)2021 MBC

また、例年大晦日に開催される「MBC歌謡大祭典」では"年越しカウントダウン"がお約束。今回は、新たな"寅年"を迎えた後に、1998年生まれの寅年記念ボーイズグループ代表として、ムンビン(ASTRO)、キノ(PENTAGON)、ジュヨン(THE BOYZ)、キュー(THE BOYZ) 、リノ(Stray Kids)、ファンウン(ONEUS)、ドンヒョン(AB6IX)が、「Tiger Inside」(SuperM)のカバーステージを披露。一晩限りには惜しい力強いパフォーマンスを見せつけるなど、最後の最後まで、とにかく熱量を感じるステージの連続だった。

「2021 MBC歌謡大祭典<字幕版>」
「2021 MBC歌謡大祭典<字幕版>」

(C)2021 MBC

まだ始まったばかりの2022年。「2021 MBC歌謡大祭典」に登場したパワーあふれるアーティストたちの今年の活躍が非常に楽しみだ。

文=津金美雪

この記事の画像

放送情報

2021 MBC歌謡大祭典<字幕版>
放送日時:2022年2月27日(日)18:20~
チャンネル:スカチャン1(KNTV801)、KNTV
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

キャンペーンバナー

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事