除隊&結婚で人生の節目を迎えるチェ・テジュン、相次ぐ主演作で際立つハイスペックぶり

「あいつの声(原題)」
「あいつの声(原題)」

(C) WEMAD., LTD

交際4年を経て人気女優パク・シネとの結婚を発表したチェ・テジュン。主演ドラマ「だから俺はアンチと結婚した」(2021年)の撮影直後に入隊していた彼は、ちょうど今から1年前の2021年5月に除隊。間もなく30歳という人生の節目を迎える今、兵役、そして結婚という人生の大きな転機を経験した彼のもとには、話題作の出演が相次いでいる。

5月16日(月)からKNTVにて日本初放送される本格的な除隊後復帰作「あいつの声(原題)」も、そんな作品の1つ。テジュンは甘いマスクを活かしたハイスペックなイケメンパイロットを好演し、相手役ソン・ジウンとの微笑ましいケミストリーを展開している。

愛猫家のパイロットを演じたチェ・テジュンの除隊後復帰作「あいつの声(原題)」
愛猫家のパイロットを演じたチェ・テジュンの除隊後復帰作「あいつの声(原題)」

(C) WEMAD., LTD

10歳の時、「ピアノ」(2001年)のメインキャラクターのひとり、イ・ギョンホ(チョ・インソン)の少年時代を演じて子役デビューを果たしたテジュン。その後は芸能活動をいったん休止するも、人気ドラマ「あやしいパートナー〜Destiny Lovers〜」(2017年)では、チ・チャンウク扮する主人公の幼なじみである、弁護士・ウニョク役で再び注目を集めるように。

また、少女時代・スヨンと共にW主演を務めた入隊前最後のドラマ「だから俺はアンチと結婚した」では、人気絶頂のアイドル役を熱演。これが完璧なビジュアルを持つテジュンと好相性で、貴公子のような"表の顔"と、鼻持ちならない"裏の顔"を使い分けるコミカルなツンデレイケメンはハマリ役に。国内外のドラマファンの間でも知名度がグンとアップする中、召集解除&結婚発表後には、ナム・ジュヒョク主演のドラマ「二十五、二十一」(2022年)への特別出演も果たし、大いに話題を呼んだ。

「あいつの声(原題)」
「あいつの声(原題)」

(C) WEMAD., LTD

ブレイクの兆しが高まる中で制作された主演ドラマ「あいつの声(原題)」は、テジュンにとって大きな意味を持つ除隊後復帰作。制服姿も麗しいハイスペックなイケメンパイロットという役柄を魅力的に演じている。

本作は、コンビニで働く平凡なフリーターのミリム(ソン・ジウン)、お客として店を訪れるパイロット、テファ(テジュン)、そしてテファの飼い猫、ナツメ(声:ソン・ジル)という"2人+1匹"が織り成す奇妙な三角関係を描いたラブコメディだ。

ある時、フライト期間中の愛猫ナツメの預け先に困っていたテファと偶然出会い、しばらくナツメを預かることになったミリム。ところが、雷に打たれて気絶したことをきっかけに、ミリムがナツメの言葉を分かるようになる...というファンタジックな物語が展開する。

ここでも、テジュンの完璧なビジュアルは、誰もが羨むハイスペックなテファのキャラクターに、ドンピシャにハマっている。パイロットの制服姿もビシッと決まっていて、ミリムでなくてもウットリしてしまうほど。しかも、テファの恋路を邪魔する愛猫ナツメが、嫉妬深くて皮肉たっぷりの毒舌家というあたりがまた面白い。ナツメに振り回されて、まともな恋ができていなかったテファが、ミリムとの距離を縮めていく過程も胸キュンシーンが満載で、ナツメを可愛がるテファの優しい眼差しにも、グッと心を掴まれる。

今は"パク・シネの夫"と言われる機会が多いテジュンだが、「だから俺はアンチと結婚した」や「あいつの声(原題)」といった相次ぐ主演作で注目を集めているタイミングだけに、魅力が花開いたテジュンの今後から目が離せない。

文=酒寄美智子

この記事の画像

放送情報

あいつの声(原題)
放送日時:2022年5月16日(月)20:00~
※毎週(月)20:00~(4話連続放送)
※「あいつの声(原題)スペシャル<前編・後編>」を続けて放送

チャンネル:スカチャン1(KNTV801)、KNTV
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

キャンペーンバナー

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事