徳井青空が語り手となって「奇跡のチーター」の生涯をつづる

「ラブライブ!」の矢澤にこ、「探偵オペラ ミルキィホームズ」の譲崎ネロなど、人気アニメでメインキャラクターを演じてきた声優・徳井青空。アニメファンからは、元気・ボーイッシュ・ハイテンションな女の子役が多い声優として知られている。

徳井といえば、さまざまな話題を提供する多才なエンターテイナーでもある。2012年からは出身地の千葉・南房総市の観光大使を務め、2013年からは4コマ漫画「まけるな!!あくのぐんだん!」を声優活動と並行して1人で描き、月刊コミック誌で約4年半連載。ゲームアプリ「プリンセスコネクト!Re:Dive」では、南アメリカのアンデス地方に生息する動物リャマの女の子・リマを熱演し、現実世界では「リマリマ」というセリフだけで、さまざまな感情を表現するという難役も見事に演じた。そんな徳井の新たな一面に触れることができるのが、ナショジオ ワイルドで放送されるドキュメンタリー番組「シベラ:奇跡のチーター物語」日本語版のナレーションだ。

(C)Samara

南アフリカ北西部で暮らしていた野生の若いメスのチーター、シベラ。ある時、ハンターにより捕獲され瀕死の重傷を負うものの、奇跡的にチーターの保護施設「アン・バン・ダイク・チーター・センター」のスタッフによって救出された。その後、2頭のオスと共に南アフリカの東ケープ州に位置するサマラ自然保護地区に運ばれ、新しい生活を始める。

「奇跡のチーター」として世界的に有名となったチーター、シベラの生涯を追うこの番組で、徳井はいつものハイテンションを封印。今までに聞いたことがないような、大人の女性らしさを感じさせる温かな声でシベラに寄り添っていく。時に乱暴極まりない人間の所業や、サバンナの掟"弱肉強食"を目前に突き付けられるシーンなど、胸が痛むような映像も登場するが、彼女の優しい声が視聴者を支えてくれるだろう。オリジナル音声のナレーションは、母性を感じさせる落ち着いたミドルエイジの女性の声。一方、日本語版では徳井を起用することで、オリジナルにはない若々しさと優しさをプラスし、ファミリーをはじめ幅広い層が楽しめる工夫がなされている。

野生動物たちの厳しくも美しい生きざまと、声優・徳井青空の新たな一面に触れることができる本作。彼女のナレーションと共にシベラと、シベラを見守った人々の姿を見届けてほしい。

文=中村実香

この記事の画像

放送情報

シベラ:奇跡のチーター物語

放送日時:2018年10月20日(土)22:00~

チャンネル:ナショジオ ワイルド

※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!