大塚明夫もサバゲーに挑戦!?「足腰がもうダメですから(笑)」【動画あり】

プラスチック製の弾を撃つエアガンを用いて、野外などの専用フィールドで敵と味方に分かれて銃撃戦を繰り広げるサバイバルゲーム(通称:サバゲー)。知力や体力が求められる大人のゲームに、3人の美しき女性タレントたちがチームを組んで挑戦する本格サバゲー番組「SURVIVALOOP」がBSスカパー!で放送される。

番組では、最新フィールドやエアガンなどのアイテムを紹介しながら、番組オリジナルルールでサバゲーを実践する。何人敵が潜んでいるか分からないフィールドに設置されたフラッグ全ての奪取に、サバゲー初心者の梅田彩佳、サバゲー歴6年の鈴木咲、そして元自衛官のコスプレイヤー・かざりが挑む。「敵の弾がヒットしたらスタート地点に戻る」というルール下で、奮闘する彼女たちの姿に迫る本番組のナレーションを務めるのは、渋く重厚な声でおなじみの人気声優・大塚明夫だ。アニメ「攻殻機動隊」のバトー役や、ゲーム「メタルギア」シリーズのスネーク役など、血と硝煙(しょうえん)の香りがするキャラクターを数多く演じてきた彼に、番組の印象などを聞いた。

ナレーションを録りながらご覧になった番組の感想をお聞かせください。

「とても楽しそうだと思うんですけど、実際に自分が重装備で一日中遊ぶことを想像すると、ちょっと無理だなって思います。足腰がもうダメですから(笑)。もうちょっと若ければ、僕も挑戦してみたかったですね」

出演されている梅田彩佳さん、鈴木咲さん、かざりさんの印象をお聞かせください。

「かわいらしいですね。真剣な表情で戦った後の爽やかな笑顔を見ると心が和みます」

アニメのナレーションでも活躍されていますが、役者のお仕事との違いをお聞かせいただけますか?

「役者としては、台本に書いてあるセリフをそのまま真っ直ぐ伝えれば、基本的にはいいんですが、行間に心の中で『本当はどうなんだろう』『ちょっと嫌々なのかな』『バカヤロー』って思いながら、それを『愛してる』に聞こえるように言ったり、文字にされていないものを表現していくのが役者の仕事だと思うんです。一方、ナレーションは、書いてあることをそのままストレートに不特定多数の方に向けて発する仕事なので、文字に明記されていないことを伝える作業はないんです。そこが大きく違いますね」

「攻殻機動隊」や「メタルギア」などから"血と硝煙の香りがする男"の印象が強いですが、今回のナレーションに決まったのもそれが理由でしょうか?

「皆さん、そういった印象をお持ちなんですね(笑)。今まで演じてきた役の中では『楽しいムーミン一家』のムーミンパパみたいに、血も硝煙もない役もいっぱいあるんですよ。通販番組『真夜中の百貨店 ~シークレットルームへようこそ~』では、"伝説のコンシェルジュ"と呼ばれたデパートの精霊も演じましたしね(笑)」

サバイバルゲームをする女性や、戦う女性についてはどのような印象をお持ちですか?

「素直にカッコイイなって思います。男が戦う以上に、女性が戦うのは決意が必要な感じがして、その決意を秘めて凛と立っている女性は素敵に見えますね。銃を持っていても、いなくても、戦う心を胸に抱いている女性は素敵です」

最近ハマっていることなどはありますか?

「今は自分の時間がなかなかなくて。余裕ができたらバイクに乗ったり、麻雀をしたいです。麻雀は、声優仲間に声をかけて卓を囲むんですけど、よく考えるとその日、仕事からあぶれている人間が集まるんですよね(笑)。バイクは、ツーリングはあまりしないですけど2、3台くらいで遠出するのが一番楽しいです。今は、雪が積もる前に秋田に行きたいですね」

最後に番組をご覧になる皆さんへメッセージをお願いします。

「サバゲーは、僕も若ければきっと楽しんでいたと思うんですよ。ぜひサバゲーという頭と体を使うゲームを観て"戦う心"を取り戻してほしいですね。映像もドローンやウェアブルカメラを駆使したカメラワークになっているので注目してほしいです。ナレーションを録りながら『おおっ!』て思いましたから」

文=中村実香 撮影=永田正雄

大塚明夫サイン入りM9(ガスガン)の視聴者プレゼントの企画動画はこちら↓↓
<SURVIVALOOP スピンオフ 大塚明夫に視聴者プレゼントをねだってみた>

この記事の画像

放送情報

SURVIVALOOP
放送日時:2018年12月3日(月)00:00~
チャンネル:BSスカパー!
※放送スケジュールは変更になる場合がございます。


<視聴者プレゼント>
大塚明夫サイン入りM9(ガスガン)をプレゼント。
無料放送内に出てくる応募キーワードをご記入ください。
※スカパー!未加入でもご応募可
詳しくはSURVIVALOOP公式HPをご確認ください。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事