神谷浩史も恥ずかしい!『劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~』で登場した珍しいシーン

写真左から、神谷浩史、井上和彦
写真左から、神谷浩史、井上和彦

妖怪の姿が見える少年と妖(あやかし)の交流を描いたアニメ「夏目友人帳」シリーズ。その『劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~』Blu-ray&DVD発売記念イベント~ことほぎの集い~が、8月10日に埼玉・川口総合文化センター・リリア メインホールで開催された。今回は、夏目貴志役の神谷浩史、ニャンコ先生・斑役の井上和彦、田沼 要役の堀江一眞、多軌 透役の佐藤利奈、津村容莉枝役の島本須美のキャスト5人が登壇して、トークやゲームなどが繰り広げられた昼公演の模様を紹介する。

写真左から、佐藤利奈、堀江一眞、神谷浩史、井上和彦、島本須美

冒頭、井上が「よく来たな~」とニャンコ先生の声であいさつをし、会場を沸かせた。劇場版にゲスト出演した島本が「人間役じゃなくてもいいので、もっとこの作品に携わりたい」と作品への思いをぶつけた。どんな役がいいのか聞かれると「ニャンコ先生の恋人」と即答。堀江から「夏目くんの彼女役は?」の質問には、一瞬迷った後「そんなのみんなに怒られる~」と回答し、ファンの笑いを誘った。

最初は「うつせみの語らい」と題して、原作・緑川ゆき、総監督・大森貴弘、監督・伊藤秀樹からアンケートした劇場版のお気に入りシーンを紹介。"子にゃんこ(3匹に分裂したトリプルニャンコ先生1号、2号、3号)"たちの姿を見失い動揺する夏目のシーンが挙げられると、"子にゃんこ"たちを見つけて抱きかかえた夏目の姿に、神谷は「珍しいシーンで、見せられると恥ずかしい」と語った。

また、大森総監督がかわい過ぎて萌え死にしそうだったという、井上が3匹とも演じた"トリプルニャンコ先生"のシーンが挙げられると、「大森総監督は完璧に僕にホレてますね」と井上。うれしさから照れ笑いを見せるも、島本から「もっと増えたらどうする?」と聞かれると「イヤだよ、これで精一杯だよ」と答えて会場を笑わせた後、このシーンの3匹の会話がアドリブだったことを明かし、ファンたちを驚かせた。

続いて、「見てみたい○○の世界」のコーナーへ。見てみたいものに「妖の世界」を挙げた神谷は「妖から見たら人間って、どんなふうに見えるんだろう」と素朴な疑問を投げかけ、「ハチの世界」を挙げた井上は家にできたハチの巣を業者が駆除したエピソードを披露し、堀江は「恐竜の世界」について目を輝かせながら熱弁した。

そんな中、「ガラスの世界」を挙げた佐藤は「劇中で使用された切り絵がステンドグラスにも似ていて美しく、見惚れました。『アニメ 夏目友人帳展』も子供と一緒に見に行きました」と、会場を和やかな雰囲気にした。また、それぞれの世界についてスタッフが調べた"うんちく"が紹介されたが、最後に島本が挙げた「真実の世界」だけは、さすがに調べきれなかったことが報告され、会場からは笑いがこぼれた。

この記事の画像

放送情報

夏目友人帳 伍
放送日時:2019年9月10日(火)11:00~
※毎週(月)~(金)11:00~ほか
夏目友人帳 陸
放送日時:2019年9月19日(木)11:00~
※毎週(月)~(金)11:00~ほか
チャンネル:アニマックス
※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事