銃声音に動揺!?楠木ともり日笠陽子ら出演「GGO」AJイベント

4月スタートのTVアニメ「ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン」(以下GGO/電撃文庫刊)は、大ヒットを記録した川原礫原作の「ソードアート・オンライン」(同刊)の関連作。TVアニメ第2期で登場したVRオンラインゲーム《ガンゲイル・オンライン》と世界観を共有しつつも、キャラクターやストーリーは「キノの旅」(同刊)の時雨沢恵一が描くシェアード・ワールド・エンターテインメントで、"もう一つのSAO"ともいえる。ガンマニアでもある時雨沢ならではの銃器描写とバトルシーンが見どころだ。放送を目前に控えた3月25日に、東京ビッグサイトで開催されたAnimeJapan 2018でのイベントの模様を紹介する。

アフレコの雰囲気は家族みたい?

登壇したのは、レン役の楠木ともり、ピトフーイ役の日笠陽子、エム役の興津和幸、フカ次郎役の赤﨑千夏の4人。主人公を演じる楠木ともりは今年の春に高校を卒業したばかりで、今回AnimeJapanに初参戦。初々しい雰囲気に、会場もどこか温かい雰囲気に包まれる。オープニングトークでは、そんな楠木と比べられた日笠が「やめて。最近この現場でお局感があるって言われてるんだから(笑)」とけん制するも、MCから「大丈夫ですよ。日笠さんは初めて見たときからお局感があるから」と言い返されるなど、笑いをかっさらっていった。

アフレコ現場の雰囲気について話が及ぶと、楠木は「初めてアフレコに行く前は本当にビクビクしてたんですが、優しい先輩方ばかりでした」と、居心地の良い現場であると述べると、興津は「18歳っていうから緊張してたんですよ。怖がらせちゃいけないと思って」と、ドキドキしていたことを告白。日笠は楠木がデビューした時から知っているらしく、主演を務めるまでに成長したことを感慨深そうに懐かしんでいた。

「この4人を家族に例えると?」という話題になると、興津が父親、「グランマ(祖母)じゃなくて良かった」と日笠が母親に認定。さらに赤﨑が長女、楠木が末っ子と順当に決まっていくが、「(赤﨑と楠木の間に)干支一周の年齢差があるんですけど、大丈夫ですか?」と赤﨑が不安を口にして笑いを誘う。終始和やかなムードに、アフレコ現場の雰囲気がうかがえるようだった。

癒やし効果抜群の銃声音が鳴り響く!?

ガンバトルが見どころの作品ということで、メインキャラクターが作中で使用する銃のモデルガンがステージに登場。用意されたのはレンが使うピンク色に塗装された"Pちゃん"ことP90、ピトフーイが使う自動小銃のKTR-90、エムが使うライフルのM14・EBR、フカ次郎が使うグレネードランチャーのMGL-140の4挺。キャスト陣がそれぞれ自分のキャラクターが使用する銃を手に取りポーズを取ると、観客からは大歓声。しかしMCが、日笠が銃を構える姿に「この国の主婦までが立ち上がった感じ」といじると、日笠もそれに乗り「野菜の高騰を止めろー」と叫ぶと、会場全体が笑いの渦に包まれた。

そして、このモデルガンを使った企画「どっちが鳴るか?構えてエア・ガンゲイル・オンライン」がスタート。キャストが選択肢AとBのどちらかを選ぶと会場にそれぞれの銃の発射音が流れ、その音に合わせて銃を撃つポーズをとるというもの。銃声音は、一つは実際に本編で使用される音、一方は楠木が事前に収録した口まねとなる。ガンマニアでもある原作者の時雨沢がダビング行程に参加し、こだわりぶりを発揮しているという銃声音を聞きたいところだが、ファンは楠木の口まね銃声音も聞きたいところ。

トップバッターの楠木が自身の血液型という理由でAを選択すると、会場には本編使用のリアルな銃声音が鳴り響き、「本物っぽい」「すごい迫力」とキャスト陣も驚いた様子。続けて参考として楠木の口まね銃声音も流れるが、明らかに「どぅるるる~」としゃべっているようにしか聞こえないクオリティの低さに会場は失笑。この様子を見ていた楠木以外の3名のキャストに動揺が走る。楠木の口まねを選んでしまった場合、この音に合わせてカッコいい銃アクションをしなくてはならないのだから無理もない。気合いを入れて臨むも、日笠、興津、赤﨑の3人は楠木の口まねを選んでしまう。

楠木の口まねは回を重ねるごとに自由奔放さを増し、「ばんばん...違うな...しゅばばばん!!」や「何だろうな?ちょっと待ってくださいね」と銃声音のまねに加えてしゃべり声まで入る手がつけられないものに。赤﨑が「本当に発射音あるんですか?」と疑いの目を向け、日笠が「辱めだけを受けた。だだ滑り感やばい」と漏らすと、「一番恥ずかしいのは私ですからね」と楠木が反論するなど、キャスト陣は終始動揺しっ放しだったが、会場は楠木のかわいらしい口まねに癒やされムードとなり、企画は終了した。

大勢のファンの前でED主題歌を披露

「かわいいとカッコいいが融合された作品」(赤﨑)、「いろいろな銃の音が聴けるのでお楽しみに」(興津)、「本編はものすごくカッコ良くて、銃に詳しい方も楽しめる作品」(日笠)、「SAOとはまた違った魅力に溢れた作品になっているので、ぜひ見てください」(楠木)と、アニメの見どころをアピールして楠木以外の3人は退場。1人残った楠木は自身が担当するエンディング主題歌「To see the future」を初披露。きらびやかなスポットライトの下、ステージで熱唱する楠木は、サビで満面のスマイルを見せるなど、伸び伸びとしたパフォーマンスを見せた。大勢の前で歌うのはこれが初めてで、歌唱後は「息が吸えないくらい緊張しました」と語った楠木だが、そんな緊張を全く感じさせないライブでイベントは幕を閉じた。

文=岡本大介


この記事の画像

放送情報

ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン

放送日時:2018年4月20日(金)21:00~

※4月20日(金)スタート毎週(金)21:00~

チャンネル:日テレプラス ドラマ・アニメ・音楽ライブ

※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!