佐倉綾音が理想の旦那像を告白!?「俺ガイル」八幡とは闇の部分で共鳴

渡 航の人気ライトノベル原作のアニメ「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」。同シリーズは、2013年の第1期放送時より、静かに、そしてひたむきに「本物」を追い求める高校生たちの姿をリアルに描いたストーリーと、江口拓也、早見沙織、東山奈央ら、登場人物の心情を繊細かつ的確に表現した声優陣の演技により、アニメファンから圧倒的な支持を得た。

4月よりTBSチャンネル1ほかで放送される「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完」では、2015年に放送された第2期に連なる物語が展開。主人公の男子高校生・八幡と、彼と同じ「奉仕部」に所属する雪乃と結衣、そして後輩のいろは、4人の深化する関係を繊細につづる。今回は第2期から登場し、「奉仕部」メンバーの関係に一石を投じる小悪魔的な後輩・一色いろはを演じる佐倉綾音に、いろはへの思いなどを聞いた。

――今作の印象をお聞かせいただけますか?

「いろはの急速なモノローグシーンがあって、台本を読んでびっくりしました。こんなこと考えていたのって。彼女は自分に対しても他人に対しても客観的なんですよね」

――本作の舞台になっている千葉市で訪れてみたいところはありますか?

「作品を通して触れてきているので、千葉市は『俺ガイル』の街というイメージが強いですね。お仕事で幕張メッセには行ったことがあるので、今度、海浜幕張駅周辺は散歩してみたいですね。あと、(OVAで八幡といろはが一緒に行ったラーメン屋)『なりたけ』も行ってみたい!」

――アフレコ現場の雰囲気はいかがですか?

「5年も経っているという感じがあまりしないですね。でも私たちは5歳、年を取っているんですよ。久しぶりに演じると、こんなにセリフのスピードが早かったんだって思いました。割と早口なキャラクターがそろっているんですが、実は原作者の渡先生との会話と同じスピードなんですよ。先生は毎回アフレコ現場にいらっしゃって監修してくださるので、セリフの速度は先生がディレクションしているのでは?と思ってしまいます」

――演じられている「いろは」を一言で表していただけますか?

「難しいですね。ラノベのキャラクターは、一言で表しやすいはずなんですけど。『俺ガイル』に登場するキャラクターはみんな、そこに生きている人間としてしっかり捉えられているんですよね。特に『完』では、それぞれのモノローグが丁寧に描かれていて、初期であれば雪乃さんは『クールビューティー』の一言でよかったけれど、今はそれだけではもう収まらない。いろはも最初は『あざと賢い子』っていう印象だったのが『完』になってからは、それだけでは片付けられないかも、という感じがしますね」

――もし現実に八幡がいたとしたら、どういう関係になると思いますか?

「偶然、学校外で出会って話すことを余儀なくされるシチュエーションになっていたら、特別な関係になれているかも、という予感はありますね。闇の部分に共鳴する感じ(笑)」

――男性として好きにはなれそうですか?

「やぶさかではないですね。むしろ熱血ラノベ主人公よりは大丈夫(笑)。理想の彼氏像ではないけれど、理想の旦那像って感じがします」

――最後に、放送を楽しみにしているファンの方たちへメッセージをお願いします。

「『完』からご覧になる方は、作品に流れる雰囲気や会話のテンポ、キャラクターたちの言葉選びで、『俺ガイル』が好きかどうかをすぐ判断していただけると思います。少しでも好きだなと思ったら、第1期第1話からご覧いただけると嬉しいです。ずっと追いかけ続けてくださっている皆さんにとっては、待望の最終章だと思いますので、最後までお付き合いいただけると嬉しいです」

文=中村実香 撮影=永田正雄

この記事の画像

放送情報

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完
放送日時:2020年4月20日(月)1:30~
※毎週(月)1:30~
チャンネル:TBSチャンネル1 最新ドラマ・音楽・映画
※放送スケジュールは変更になる場合があります

佐倉綾音のスカパー!出演番組はこちら

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!