真冬の曲を真夏に?降幡 愛が告白する、作詞やMV撮影時に大変だったエピソード!

「ラブライブ!サンシャイン!!」の黒澤ルビィ役で本格的に声優デビューを果たし、同作のスクールアイドルグループ・Aqoursのメンバーとして音楽活動も行う降幡 愛。2020年9月には、ミニアルバム『Moonrise』でソロアーティストとしてもデビュー。昔懐かしい80'sシティポップを令和の時代に蘇らせた降幡が、早くも2ndミニアルバム『メイクアップ』を12月23日にリリースした。それを記念して、1月4日(月)にMUSIC ON! TV(エムオン!)で特別番組『M-ON! SPECIAL 「降幡 愛」 ~メイクアップ~』が放送される。本番組のスタジオライブで自身作詞の楽曲「パープルアイシャドウ」と「真冬のシアーマインド」を披露する彼女にインタビューを行い、今の心境を語ってもらった。

――今回の特番の話をお聞きになった時の感想と、本日スタジオライブを収録されての感想をお聞かせください。

「すごく驚きました。かなりの時間を割いて放送してくださるということで、自分の伝えたいことや届けたいことを、皆さんにお届けできればいいなという気持ちで、しっかりと歌わせていただきました」

――ミニアルバム『メイクアップ』について、制作の際にこだわった点や大変だった点をお聞かせください。

「デビューミニアルバムの延長線上でたくさん曲を作っていたので、前作よりもアーティストとしての私が、色濃く出たアルバムになっています。詞もパワーアップして、サウンドもジャンルの違う音を取り入れていたので、バリエーションのあるミニアルバムにできたと思います。あと、ジャケットにもかなりこだわっていて、シティーポップをメインに描かれているイラストレーターさんにお願いして、『パープルアイシャドウ』という楽曲に合わせた仕掛けを、CDのスリーブケースに施しているので、ぜひ見てほしいと思います」

――スタジオライブで披露された「パープルアイシャドウ」と「真冬のシアーマインド」について聴きどころや、込めた思いをお聞かせください。

「『真冬のシアーマインド』は、冬の定番ソングにしたいと思って皆さんの耳に残る曲にしているので、サビの演奏を覚えてもらい、皆さんと盛り上がれたらいいなと思っています。『パープルアイシャドウ』は、雨が嫌いな女性の言い訳を歌にしたので、雨が降った時に聴いてもらえたら嬉しいです。80年代のアイドルの方の踊りを見て私が考えた振り付けも取り入れていて、マネしやすい振りになっているので、皆さんにも覚えてほしいです」

――「パープルアイシャドウ」のミュージックビデオ撮影時のエピソードはありますか?

「ドラマパートの撮影には立ち会うことはできなかったんですけど、和気あいあいとした現場だったと聞いていて。現場の雰囲気が分かり、一緒に作っている感覚を味わうことができたので嬉しかったです。私の歌唱パートは、監督が自分の中のイメージやカット割りをしっかり作っている方だったので、撮影はあっという間に終わった印象です。ただ、まばたきをしてはいけないと言われていたので、ドライアイの私は大変でした(笑)」

――ソロアーティストデビューをして心境など変わった点はありますか?

「音楽をよく聴くようになりました。暇さえあればレコードショップに行ったり、サブスクで聴いたりしている時間は昔に比べると増えたと思います。あと、80年代の洋楽も聴くようになって、最近だとデッド・オア・アライブさんのピコピコ系のテクノのサウンドにハマっています」

――ソロアーティストとしての今後の目標を教えてください。

「デビューミニアルバムから全曲作詞にも挑戦させていただいているのですが、いつか他のアーティストの方にも詞を提供させていただき、自分が書いた詞を歌ってくださっている姿が見られたら嬉しいなと思います」

この記事の画像

放送情報

M-ON! SPECIAL 「降幡 愛」 ~メイクアップ~
放送日時:2021年1月4日(月)20:00~ほか
チャンネル:MUSIC ON! TV(エムオン!)
※放送スケジュールは変更になる場合があります

降幡 愛のスカパー!出演番組はこちら

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!