白井悠介が「戦闘員、派遣します!」で川柳に挑戦!富田美憂と菊池紗矢香の反応は?

世界最大規模のラノベイベント「KADOKAWA ライトノベルEXPO 2020」(通称:らのすぽ!)。人気タイトルのステージ配信も実施され、世界征服を掲げる秘密結社に雇われた戦闘員の活躍を描く「戦闘員、派遣します!」からはアニメの声優陣、戦闘員六号役の白井悠介、キサラギ=アリス役の富田美憂の2人が出演し、トークステージを繰り広げた。

写真左から、白井悠介、富田美憂、菊池紗矢香

神妙な面持ちで登場した白井と富田は「重厚感のある世界観を伝えていきたい」と意気込みを見せた。ティザービジュアルの印象について、白井は「戦いの描写も多いのでバディー感が出ている」、富田も「でこぼこのコンビですが、ストーリーが進むにつれて絆が描かれていくのでバディー感に注目してほしい」と語った。続けてPVが流れ、「映像の力もすごいのでバトルシーンは見どころ」と富田が話すと、白井も「BGMもそうだし、物語の重厚感が凝縮されていたので、PVを見れば作品の世界観が分かる」とあくまで重厚な内容であることをアピール。

しかし、新PVが公開されると一転してギャグ要素満載の内容が明らかとなり、「やっと楽になれた」と今までの説明は冗談だったことが告げられた。ここで新たにスノウ役の菊池紗矢香がステージに登場。初めての配信イベントに「舞台裏で緊張して胸が痛い」と心境を語ると、先程までのシリアスなステージの進行に「入って大丈夫なのかな」と不安だったことを明かした。

キャラクター紹介で、六号を演じる白井は「戦闘力は高いんですがバカなんですよね。いまだに大きい悪事ができないから平社員。でも、遠慮のないキャラクターなので、演じていて楽しいですね」と喜びをにじませた。そんな六号について「悪事がセコイんですけど、仲間思いの一面がある情に熱いキャラクター」と印象を語った富田は、自身のアリス役について「原作を読ませていただいた時から演じたいと思っていたので、オーディションに受かった時はすごく嬉しかったです。アンドロイドなんですけど人間っぽいところが芽生えてくるところにアリスの魅力があるので、時折見せる女の子感が出せたらいいなと思います」と意気込んだ。

一方、菊池は自身の役について「カッコイイ女性を演じさせていただいたことがほとんどなかったので、役が決まった時は嬉しかった」と感想を口にすると、「お金は大切だと思うところは似ています」と自身との共感点を明かした。アフレコ現場でのエピソードで、富田は「第1話の収録の時に白井さんがすごく大変で、演じていて大丈夫かなと心配でした」と過酷な状況だったことを伝えると、白井は「叫びっ放しだったからね」と懐かしそうに振り返った。

その後、「戦闘員川柳」のコーナーに突入。「戦闘員、」から始めるお題が出されると、富田は「戦闘員、いつまでたっても平社員」、菊池は「戦闘員、悪だが仲間を見捨てない」と真面目に答える中、白井は「戦闘員、戦いの後は銭湯IN」と遊び心満載の解答。女性陣から失笑が聞こえる中、懸命に理由を説明するも誰も見てくれない状況に「フォロー入れてよ」と助け船を求める場面も。

汚名返上を懸けた第2戦では「派遣します!」で終わるお題が出され、富田は「アリスさん一家に一人派遣します!」、菊池は「ポイントを貯めて物資を派遣します!」と作品の世界観に絡めて解答した。そんな中、皆の注目が集まる白井は「派遣しない!いや、ギャラしだいでは派遣します!」と、役柄を体現したかのような川柳を見事に披露。期待を超える出来映えに女性陣から「さすが六号」と称賛が送られると、拳を上げて喜んだ。

最後に、「楽しくアフレコしています」との菊池の言葉に、「その空気感がきっと作品にも出ています」と富田が合わせると、白井は「初めて主役をやらせていただきます。他のヒロインの魅力を引き出すために下衆になって収録に臨んでいますので、楽しく気楽に見てください」と締めくくった。

文=永田正雄

この記事の画像

放送情報

戦闘員、派遣します!
放送日時:2021年4月11日(日)21:00~ほか
※毎週(日)21:00~ほか
チャンネル:アニメシアターX(AT-X)
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!