東山奈央、瑠夏との共通点は少ない?「『好き』って思うと、遠くで見ているタイプです」

東山奈央
東山奈央

TVアニメ「彼女、お借りします」(かのかり)の第2期が7月よりAT-Xほかで放送される。
同作品は、ダメダメ大学生・木ノ下和也と、「レンタル彼女」として出会った水原千鶴、小悪魔的な元カノ・七海麻美、超積極的な彼女(仮)・更科瑠夏、頑張り屋の千鶴の後輩のレンカノ・桜沢墨といった4人のヒロインが織り成すラブコメディ。

今回は、更科瑠夏を演じる東山奈央にインタビューを行い、役の魅力や共感する部分、演じる上で意識したことなどを語ってもらった。

――第2期の瑠夏を演じて改めて感じた瑠夏の魅力は?

「人並ではない情熱を持ち合わせているところかなと思います。そもそも和也は千鶴のことを想っているので、そんなハンディがあるところから恋がスタートしているのに、これだけ『好き、好き、好き』ってぶつかっていける瑠夏はすごいんです。でもこれって、一歩間違えるとうるさくなってしまったり、子供っぽく見えてしまったりすると思うのですが、それがちゃんとかわいらしく見えているというのが一番の魅力ですね」

――第2期の瑠夏の見どころは?

「強くて完璧な女性の千鶴に対する負い目を感じる中、自分は『好き』という気持ちだけで突っ走っているという自覚もあって、それでも和也を振り向かせられない焦りもある。そして、焦りと『好き』が加速していって限界になってくるので、その限界になった彼女がどうなるのか...、というのは一つ見どころだと思います。第2期は、人間ドラマ的な要素が濃いのですが、そんな中で瑠夏にかなりドキドキさせられるし、ハラハラさせられるし、かき乱されるし、苦しいし...って感じです(笑)」

――瑠夏を演じる上でのこだわりや意識したことは?

「エネルギー切れを起こさないよう、しっかり食べてちゃんとお腹を満たしてアフレコに臨むというくらいパワーがいる子で、演じることにちょっとでも慣れが生じてしまうとパワーダウンしてしまうので、『瑠夏のエネルギッシュさは、ちゃんと演じたい』ということを常に意識していました。瑠夏の当番回は酸欠になります (笑)。

あと、"猪突猛進のかわいらしさ"というものは絶妙なバランス感覚が問われるなと感じていて、『どうやったら瑠夏の"尊さ"を表現できるだろうか?』と、自分でやりながら『ちょっと押し付けがましくなっていないかな』とか『やり過ぎていないかな』と調整しながらアフレコしていました」

この記事の画像

放送情報

彼女、お借りします #13
放送日時:2022年7月7日(木)21:30~
チャンネル:AT-X
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

キャンペーンバナー

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事