道枝駿佑(なにわ男子)&福本莉子、若手実力派俳優の2人が映画「今夜、世界からこの恋が消えても」で作り出す作品の礎となる空気感

いつの時代においても"若手実力派俳優"たちは自然発生的に頭角を現し、エンタメ界を盛り上げてくれる。そして、その年代のほとんどは20歳前後で、若者でしか演じられない青春物、恋愛物に鮮やかな色を加えてくれる。ともすれば、青春物、恋愛物は頭角を現してくれる若手実力派俳優たちによって支えられていると言え、彼らなくして名作は生まれないと言っても過言ではない。そんな状況の中、道枝駿佑(なにわ男子)と福本莉子という若手実力派俳優の出現によって生まれた名作が、2022年の映画「今夜、世界からこの恋が消えても」だ。

本作は、一条岬の同名恋愛小説を映画化したもので、映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」など数々の青春恋愛映画を手掛けてきた三木孝浩監督がメガホンを取り、映画「君の膵臓をたべたい」の監督・月川翔と映画「明け方の若者たち」の監督・松本花奈が共同で脚本を担当。そして、道枝と福本が主演を務める。

高校生の神谷透(道枝)はクラスメイトに流されるまま、話したこともない同級生の日野真織(福本)に思いが伴わないまま告白をする。だが、真織は快諾し、翌日の放課後に透の教室で再会することを約束。翌日、いじめっ子から友人を守るための偽りの告白だったことを謝罪する透だったが、真織は告白の様子を撮影されてSNSに投稿されたことで2人が付き合うことが周知の事実となってしまったことに触れ、「お互い本気で好きにならないこと」を条件に嘘の恋人関係になることを提案。恋人のふりをしながら互いの距離を縮めていく中、うたた寝から目覚めた真織が透を認知できず狼狽する事件が発生。その後、真織は、自分が前向性健忘症で、夜に眠るとその日の出来事をすべて忘れてしまうことを透に打ち明ける。彼女は毎朝、前日までの日記を読み返すことでどうにか記憶をつなぎ止めていた。透はそんな真織と1日限りの恋を積み重ねていく。

放送情報

今夜、世界からこの恋が消えても
放送日時:2023年6月3日(土)20:00~
チャンネル:WOWOWシネマ

放送日時:2023年6月4日(日)15:45~
チャンネル:WOWOWプライム

※放送スケジュールは変更になる場合がございます

道枝駿佑・福本莉子の放送情報は
スカパー!公式サイトへ

この記事の画像

キャンペーンバナー

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事