永作博美松山ケンイチの自然なカップルぶりから目が離せなくなる!繊細な恋模様を綴る映画「人のセックスを笑うな」

「人のセックスを笑うな」(衛星劇場)
「人のセックスを笑うな」(衛星劇場)

甘くて、楽しくて、でも切なくて、壁にぶつかる時もある。そんな青春時代の恋模様を巧みな心理描写で綴った山崎ナオコーラのデビュー作「人のセックスを笑うな」。印象的なタイトルはもちろんのこと、第41回文藝賞を受賞し、また第132回芥川賞候補となったことで大いに話題となった作品だ。

多くの人の心を揺さぶったこの青春ラブストーリーは、2008年に映画化もされている。美術学校に通う主人公の"みるめ"を松山ケンイチが演じ、その恋の相手である講師・ユリは、永作博美が演じる。

「人のセックスを笑うな」で恋人を演じる松山ケンイチと永作博美
「人のセックスを笑うな」で恋人を演じる松山ケンイチと永作博美

(C)2008「人のセックスを笑うな」製作委員会

みるめの学校の講師としてユリが現れたことで2人の恋が始まるのだが、みるめに思いを寄せるえんちゃん(蒼井優)、友人の堂本(忍成修吾)らの恋も同時に描かれる上、実はユリには夫がいたりもする。しかし決してドロドロすることはなく、交錯するそれぞれの思いが淡々とスクリーンに映し出される。

豪華キャストはもちろん、井口奈己監督が作り出す独特の映像空間など見どころの多い本作にあって、特に注目を集めたのは松山と永作が演じた"ごく自然なカップルの姿"だった。あまりに自然すぎて「本当のカップルなのでは?」と話題になったほどだが、そう見えるのはやはり2人の演技力によるものだろう。特にユリを演じた永作の小悪魔ぶりは絶品だ。

この記事の全ての画像を見る

放送情報

人のセックスを笑うな
放送日時:2023年6月8日(木)20:25~
チャンネル:衛星劇場
※放送スケジュールは変更になる場合がございます

詳しくはこちら

キャンペーンバナー

関連記事

関連記事

記事の画像

記事に関するワード

関連人物