<I"s(アイズ)第3~4話>セミロングの美少年キャラ・越苗純を小越勇輝が3次元化!

越苗純役の小越勇輝
越苗純役の小越勇輝

BSスカパー!で放送中のドラマ「I''s」。原作愛あふれる演出、若手実力派キャストたちの等身大の演技などによって、回を重ねるごとに注目度は上昇中。第2話「3つのI」では、主人公・一貴(岡山天音)と彼が想いを寄せる美少女・伊織(白石聖)の関係に変化をもたらす存在として、一貴の幼なじみの少女・いつきが登場した。1月4日放送の第3話「素直な涙」、そして11日放送の第4話「くずれた思い出」では、そんないつきの奔放な行動、そして原作でも人気の高い美少年キャラクター・越苗純(小越勇輝)の登場によって、物語が大きく動き出す。(以下、ネタバレを含みます)

主人公・一貴役の岡山天音(左)、伊織役の白石聖(右)

(C)桂正和/集英社・スカパー!2018

一緒に過ごした夏休み、伊豆旅行を経て、一貴は伊織とも自然体で接することができるように。しかし、伊織が所属する演劇部の宣伝のため、ヌード写真集を出すという噂をめぐり、ふたりは仲違いしてしまう。伊織に怒られたことで落ち込む背中をいつきが押してくれたことで、再び伊織と向き合うことができた一貴。夕暮れの河川敷で、伊織が一貴の真意を知るシーンは、伊織役の白石がこぼした真珠のような美しい涙も相まって、原作を上回るほどの屈指の名シーンとして視聴者の記憶に刻みつけられたことだろう。

いつき役の柴田杏花(左) 、一貴役の岡山天音(右)

(C)桂正和/集英社・スカパー!2018

そして季節はめぐり、一貴は伊織に告白するため、自分の誕生日となる10月3日に彼女をデートに誘う。しかし、さまざまな事情が重なり、結局、伊織に会うこともできず、落ち込む一貴。彼が小学生の頃、好きな女の子に「気持ち悪い」と言われたのも誕生日だったことを思い出したいつきが「いっチャンのトラウマ...消してあげたい...」と、ついに一貴にキス!この行動をきっかけに、ひとりの女の子としていつきを意識しはじめた一貴だが、いつきは「あたし別に何も望んでないし」と強がる。そんないじらしい彼女の心に触れ、一貴は「もしかしたら伊織ちゃんとのあてのない恋を追い続けるより、いつきのことをおもいっきり好きになった方が...」と揺れ動き始める。そんななか、一貴のクラスでは、修学旅行先の京都を回る男女ペアを決めるくじ引きが行われることに。伊織とペアを組むことを熱望していた一貴だが、伊織の相手は越苗純という美少年だった!

伊織役の白石聖(左)、一貴役の岡山天音(右)

(C)桂正和/集英社・スカパー!2018

第3話のエンディングで遂に登場した原作コミック屈指の人気キャラクター・越苗を驚異の再現率で3次元化したのは、ミュージカル「テニスの王子様」2ndシーズンで主役の越前リョーマ役で注目を集め、TVドラマ「弱虫ペダル」で主人公・小野田坂道を熱演した、現在24歳の小越勇輝。今、話題の恋愛リアリティーショー「私の年下王子さまWinter Lovers」に第7話から参加し、そこでもオトナ女子たちに「女の子かと思った」「肌がきれい」と言われていたフェミニン系男子の小越だが、彼自身は「外見と中身のギャップがすごいと言われる」「実はお酒大好き」など、大人の男性らしさを感じさせる素顔を見せた。そんな彼が、「女性のような美しい顔立ちで相当な武術の使い手」というギャップの持ち主でもある越苗役に抜擢されたのは、ある意味必然と言えるだろう。
原作コミックでは「存在感0」と一貴に評され、本ドラマの公式サイトでも「影の薄い」と人物紹介されている越苗だが、それはあくまでも一貴目線でのこと!イケメン好きな女子ならば、一目見た瞬間から「美形!」「毛先外ハネの栗色ツヤツヤセミロングの似合う控えめ系美少年、たまらん!」「自信なさげな話し方が可愛い!」となること確実だ。

とある人物を一途に想う越苗が見せた勇気と熱い思いに影響される一貴や、女子風呂の更衣室のぞきや部屋に遊びに行き、恋バナで盛り上がったりと、修学旅行ならではのドキドキハプニングがてんこ盛りの第4話では、一貴と伊織、そしていつきという3人の「I」の関係がさらに複雑化していく。一筋縄ではいかない彼らの恋の行方、引き続き見守りたい。

文=中村実香

キャストリレーインタビュー連載中!↓↓

この記事の画像

放送情報

ドラマ『I"s(アイズ)』 第4話再放送 
放送日時:2019年1月13日(日)22:00~
※レギュラー放送は毎週(金)21:00~
チャンネル:BSスカパー!
※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!