個性派俳優・村上虹郎が個性派クリエイター陣と激突! ドラマ「デッドストック~未知への挑戦~」

村上虹郎(「デッドストック~未知への挑戦~」より)
村上虹郎(「デッドストック~未知への挑戦~」より)

(C)「デッドストック~未知への挑戦~」製作委員会

母は歌手、UA。父は俳優、村上淳。どこかサブカルの匂いがする"個性派"を両親に持つ村上虹郎。
彼もまた、そのDNAを受け継ぐかのようにエキゾチックな顔立ちと独特の空気感を持つ個性派俳優として注目されている。

村上虹郎は沖縄で育ち、カナダ留学中の16歳のとき、河瀨直美監督の映画「2つ目の窓」で主演デビューを飾り、初作品でいきなりカンヌ国際映画祭に出席。日本では、第29回高崎映画祭・最優秀新人男優賞を受賞した。昨年は、ドラマ「この世界の片隅に」(TBS系)で主人公・すずの幼馴染みを好演し、主演映画「銃」で、父である村上淳との共演も果たした。

落ち着いた面持ちだがキャリア4年、まだ21歳という若手俳優だ。しかしながら主演映画はすでに4本、映画の他にもドラマ、舞台、ミュージックビデオ、CMと驚くべき本数の作品に出演しているのは、多くのクリエイターが、村上虹郎の個性に魅了されるからではないだろうか。

村上虹郎、初の連続ドラマ主演作

写真左から村上虹郎、早見あかり、田中哲司(「デッドストック~未知への挑戦~」より)

(C)「デッドストック~未知への挑戦~」製作委員会

そんな彼が連続ドラマの初主演作として挑んだ「デッドストック~未知への挑戦~」(2017年)が、2月23日にファミリー劇場で放送される。

本作は、スプーン曲げ少年、動く人形、わら人形、こっくりさんなどの怪奇現象を題材とした、一話完結の本格的ホラー作品。テレビ局の新人AD・常田大陸(村上虹郎)が、大量の番組素材を整理する部署・未確認素材センターに配属され、怪奇現象が記録されたテープを発見。そこに映っていた怪奇現象の続きを撮影しようとする先輩ディレクター・二階堂早織(早見あかり)に巻き込まれ、恐ろしい出来事に遭遇するというストーリーだ。ホラー要素だけでなく、シリーズ後半は主人公・大陸と彼の母をめぐるミステリーへと展開していく。

脚本を手掛けるのは、三宅隆太(兼監督/ドラマ「ほんとにあった怖い話」、映画「クロユリ団地」ほか)、加藤淳也(「王様ゲーム」ほか)など数々の名作ホラーを生み出してきたベテラン作家陣。監督は、佐村河内守の「ゴーストライター問題」を題材にした「FAKE」などの異色ドキュメンタリー作品を制作している森達也ら。加えて、オープニングタイトルは、「そうして私たちはプールに金魚を、」、サンダンス映画祭短編部門、日本人初のグランプリを受賞した長久允が手掛けるという、そうそうたる布陣だ。

ゲストには中村倫也、スプーン曲げ少年・清田益章も出演!

深夜帯ドラマとして制作されただけに、彼らの作り出す恐怖感は遠慮なしの映画級で、見ていて何度もギョッとさせられてしまう。そんなクリエイター陣と対峙する村上虹郎は、前半はマザコン気味のヘタレ男子だが、後半、大陸自身の物語へ突入するあたりからの変身ぶりが見どころ。母の事件の真相を知り怒りを露わにしたかと思うと、その感情の行き場を失い虚ろな表情に。極限に達した後の衝撃のラストシーンまで、大陸の感情のアップダウンが物語を引っ張るのだが、そこにはヘタレ男子の片りんもない。スイッチが入るとダイヤモンドの輝きを放つのが村上虹郎だ。

個性派俳優と個性派クリエイターたちの邂逅は、恐怖だけではなく、最後には救いも見せてくれる。その「救い」を象徴するようなエンディングテーマ曲は、村上の母であるUAの歌う「Moor」。オープニングタイトルからエンディングの「Moor」まで込みで、『デッドストック~未知への挑戦~』の物語は完結する。

個性派という点では、第6話に人気沸騰中の中村倫也、最終回に70年代に一世を風靡したスプーン曲げ少年・清田益章本人が出演するのも見逃せない。

文=坂本ゆかり

この記事の画像

放送情報

デッドストック~未知への挑戦~

放送日時:2019年2 月23 日(土)00:00~ [一挙放送]
チャンネル:ファミリー劇場
※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事