千葉雄大がカワイイに翻弄される!ドラマ「プリティが多すぎる」に注目

千葉雄大
千葉雄大

こんな男子がいたら、女子はたまったもんじゃない。千葉雄大のデビュー当時のかわいさたるや、そんな声が聞こえてきそうなくらい文字通り天使であった。驚異的なかわいさで衝撃を与えた、純真無垢な護星天使役で俳優デビューしてから8年。多方面で活躍を重ね、大人の俳優へと成長した千葉が、全力で「カワイイ」を作る女性ファッション誌の編集部員を演じたドラマ「プリティが多すぎる」が8月10日(土)日テレプラスにて放送される。

「プリティが多すぎる」より

(c)NTV

特撮テレビドラマ「天装戦隊ゴセイジャー」(テレビ朝日系)で初々しいかわいらしさを見せ、子どものみならず世のお母さんのハートも掴んだ千葉。その後、人気少女漫画を原作としたドラマ「桜蘭高校ホスト部」(TBS系)にもメインキャストの1人として抜擢され、漫画ならいいけど実写では厳しいのでは、と思われた「カワイイ」担当のハニー先輩役を見事に演じきった。映画化もした同作のヒットに続き、ドラマに映画に途切れることなく出演し続けている千葉は、圧倒的かわいさを強みに、かわいさだけではないさまざまな魅力を放ちながら、人気若手俳優として活躍してきた。

「プリティが多すぎる」より

(c)NTV

そんな千葉が「プリティが多すぎる」というタイトルのドラマに出演すると聞けば、当然カワイイ系男子を演じると思われた。しかし、彼が今作で演じるのは「カワイイ」が全く理解できない堅物でプライドの高い大手出版社の3年目の若手編集部員・新見。文芸編集部の若きエースとして働く新見は、ティーン向けの女性ファッション誌編集部に突然異動させられてしまう。カワイイ至上主義の編集部で女子にキラキラに囲まれて悪戦苦闘する姿は、皮肉めいてすら見える。

「プリティが多すぎる」より

(c)NTV

千葉も、「カワイイ」ともてはやされることに抵抗を感じ、苦悩したことがあるのかもしれない。「また千葉が年甲斐もなくぶりっ子するドラマか、と感じる方もいらっしゃるのかな」と千葉自身が述べたドラマの公式コメントからも想像に難くない。葛藤しながらも「カワイイ」に向き合い、「働く」とは何かと悩み、成長していく役どころは等身大の千葉雄大と重なって見えてくる。キラキラの裏に隠された泥臭く熱い男気や、色気を感じる大人感を出しながら、ふてくされて働く顔もどこか憎めない。自身の強みを肯定した千葉からにじみ出るかわいさゆえだ。

「カワイイ」の限界を突破し、大人の色気まで兼ね備えた千葉雄大。日テレプラスでは「プリティが多すぎる」以外にも、ドSでセクシーな華道家という新境地に挑んだ「高嶺の花」(日本テレビ系)、持ち前のルックスを武器に売り上げを伸ばすエース社員を演じた「家売るオンナ」シリーズ(日本テレビ系)など千葉の出演作も放送される。「家売るオンナの逆襲」での、まるでヒロインと話題になるほどの振り切ったかわいさも必見。千葉雄大の新しい一面をお見逃しなく。

文=中川菜都美

この記事の画像

放送情報

プリティが多すぎる 一挙放送
放送日時:2019年8月10日(土)13:30~
チャンネル:日テレプラス ドラマ・アニメ・音楽ライブ
※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!