ステップアップを続ける神木隆之介が"奈落のエリート"役で見せた躍動感

12月15日、ついに最終回を迎えたNHK大河ドラマ「いだてん」では、ビートたけし扮する古今亭志ん生の弟子・五りん役で落語に挑戦した神木隆之介。4回目の大河ドラマ出演にして、初めて1年を通しての出演となった神木だが、息つく間もなく、12月4日から年明けにかけては、松尾スズキ(大人計画)作品の「キレイ―神様と待ち合わせした女―」で舞台に初挑戦。俳優として着実にステップアップを続けている。

さらに1月17日(金)からは、岩井俊二監督がメガホンを握った出演映画『ラストレター』が公開。所属事務所の先輩でもある福山雅治演じる小説家・乙坂鏡史郎の高校時代を演じている。

「集団左遷!!」

(C)江波戸哲夫/講談社

そんな神木と福山が抜群のコンビネーションを発揮する「集団左遷!!」が、TBSチャンネル1にて1月5日(日)に一挙放送される。江波戸哲夫の経済小説「新装版 銀行支店長」「集団左遷」を実写ドラマ化した本作は、廃店が決まっている蒲田支店に配属された支店長が、部下となったリストラ寸前の行員たちと繰り広げる奮闘劇。平成最後の"日曜劇場"ということもあり、サラリーマンたちの下克上ストーリーが多くの注目を浴び、共感を集めたドラマだ。

日曜劇場初主演の福山が演じた支店長・片岡洋は、上司に対しても意見してしまうような"忖度知らず"で世渡り下手の熱血漢。何をやってもスマートで洗練された印象のある福山自身とは真逆のキャラクターで、作中には"顔芸も辞さず"といった振り切った芝居がどことなくユーモラスで親近感が湧いてくるのだ。

「集団左遷!!」

(C)江波戸哲夫/講談社

一方の神木が扮するのは、片岡が支店長を務める蒲田支店の行員・滝川晃司。滝川は中学・高校・大学とエリート校を経て大手メガバンクに入行した秀才。頭脳も運動神経もピカイチでクールな性格。さらに器用な一面もある彼は、将来の幹部候補生だったものの、ある事件をきっかけにドロップアウトしてしまう...。

第4話、そして第6話はそんな滝川の活躍が見られる注目の回。"半年で融資額100億円"というノルマを背負い刻々と期限が迫っていくプレッシャーの中で、蒲田支店の面々は融資詐欺を仕掛けられる。詐欺が発覚し、逃亡しようとする犯人を追いかける片岡と滝川。そこで滝川役の神木は、華麗な身のこなしで犯人の身動きを止めてみせるのだ。劇中では"奈落のエリート"とも揶揄される滝川だが、そのキレッキレのアクションは興奮必至でドラマにリアルな躍動感をもたらしている。

「集団左遷!!」

(C)江波戸哲夫/講談社

子役からキャリアをスタートさせ、年齢を重ねるごとに変化する演技の幅はもちろん、ジブリ作品や『君の名は。』(2016年)に代表される声優としても、成長のスピードが加速し続けている神木。今や26歳...スーツが馴染む大人の俳優としてキャリアアップした彼の熱演を本作で体感してほしい。

文=スズキヒロシ

この記事の画像

放送情報

集団左遷!!
放送日時:2020年1月5日(日)11:00~(全話一挙放送)
チャンネル:TBSチャンネル1 最新ドラマ・音楽・映画
※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!