吉田羊の初主演映画で野村周平が年下男子に扮してアラフォー女性との恋に奔走

アミューズ全国オーディション2009でグランプリを獲得し、翌2010年の「新撰組 PEACE MAKER」で俳優デビューを飾った野村周平。NHK連続テレビ小説「梅ちゃん先生」(2012年)で、青森から上京してきた純朴な少年・佐藤光男の好演が脚光を浴びて知名度が上昇。主人公の恋敵・蒼井翔太役で出演した「恋仲」(フジテレビ系)で、一躍ブレイクを果たした。その後も映画『ちはやふる』シリーズや「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」(テレビ朝日系)第5シーズンなど話題作への出演が相次ぐなど、期待の若手俳優の1人に成長した。

彼に転機が訪れたのは、2019年。「僕の初恋をキミに捧ぐ」や「砂の器」に出演する一方で、学生ビザを取得して5月に突然の渡米。途中、自身が主演を務めた『WALKING MAN』の公開はあったものの、今年4月に帰国するまでの約1年間は芸能活動を休止していた。そんな野村は現在、9月22日スタートの「DIVER-特殊潜入班-」(フジテレビ系)で帰国初の連続ドラマに挑戦中。兵庫県警で秘密裏に結成され、組織犯罪に立ち向かう潜入捜査官チーム、通称"D班"が舞台となる本作で野村は、海上自衛官としてエリートコースを歩んできた佐根村将を演じている。

『ラブ×ドック』より 吉田鋼太郎と対峙する野村周平

(c)2018 『ラブ×ドック』製作委員会

そして、野村といえば10月18日に映画チャンネルNECOで放送される2018年公開の『ラブ×ドック』にも要注目だ。放送作家として人気バラエティやヒット映画の脚本を数多く担当してきた鈴木おさむの初監督作品にして、吉田羊の映画単独主演作としても知られている。玉木宏や篠原篤といった豪華俳優が集結したことも話題となった。

(c)2018 『ラブ×ドック』製作委員会

仕事で成功を収めながら、恋愛では多くの失敗を繰り返してきたというアラフォー女性にありがちなネタを題材に、大人のためのラブコメディーを描いた同作。吉田が演じる剛田飛鳥もそんな1人で、スイーツショップ「trad」を経営する人気パティシエとして活躍していたある日、一緒に働くひと回り以上も年下のパティシエ・花田星矢(野村)から突然の告白を受ける。

(c)2018 『ラブ×ドック』製作委員会

これをきっかけに節目節目で恋愛に走り、仕事や親友を無くしてきたこれまでの人生を振り返った飛鳥は、一念発起して恋愛クリニック"ラブドック"の門を叩く。そこで女医・冬木玲子(広末)から処方されたのは、遺伝子から抽出したという危険な恋愛をストップできる特別な薬。果たして彼女は、この薬で恋愛の軌道修正を図り、人生を謳歌できるのか。そして星矢の恋はどのような着地を見せるのか。

文=安藤康之

この記事の画像

放送情報

ラブ×ドック
放送日時:2020年10月18日(日)13:50~
チャンネル:映画・チャンネルNECO
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!