高岡早紀がドラマで演じたサイコスリラーな役を振り返る

「雨宮リカ、28歳です」。その自己紹介にそぐわない年齢の美熟女ながら、運命の相手と結ばれるためならば手段を選ばない"純愛モンスター"の執念を描くサイコ・スリラー「リカ」。主人公リカを演じるのは、女優・高岡早紀さんだ。

「リカのように激しい偏りを持った性格を表に出す女性は、ドラマや映画ではなかなか描かれてこなかったと思います。でも、彼女の存在は、一般的な女性の心の奥に潜在しているものを呼び起こしてしまうんでしょうね。現実ではリカのように愛を貫き、純愛を求めることは難しいですが、そういった思いは皆さんの中にもあるのかな、と感じています」

自分と思い人の仲を裂こうとする存在に対する「死ねばいい」という独り言を躊躇なく実行に移すアクティブさなど、まさに雨宮リカは新たな"サイコクイーン"と呼ぶにふさわしい個性的なキャラクターだ。なかでもTVシリーズで見せた、タクシーで逃げる愛する男性に自力で追い付く場面は、恐怖と笑いが見事に融合した名シーンとして話題を呼んだ。

「『走れなくはないですが、私の年齢を考えてください』とスタッフさんにお話ししていたんですけど、性格上なのか役者根性なのか『できません』と言えなくて。映像では分かりづらいと思いますが、かなりのスピードで走らないとあの感じは出ないので、撮影は本当に大変でした」

愛情に飢えた女のサイコスリラー「リカ」に出演する高岡早紀

©共同テレビジョン 原作:五十嵐貴久「リハーサル」「リカ」(幻冬舎文庫)

リカと彼女の母・麗美との関係を綴ったドラマシリーズ「リカ〜リバース〜」に続き、映画「リカ〜自称28歳の純愛モンスター〜」も6月18日(金)より全国公開予定。映画では、リカのモンスターぶりがパワーアップしているという。

「リカがここまでのアクションを披露するとは思っていませんでした。彼女は常人ではなかっただけでなく、超人なんだというところを含めてのスキルアップやステップアップをしていかなければならなかったので『壁が高いな』と思いましたが、楽しんで演じさせていただきました」

目を離させない、瞬きさせないくらいのスピード感や驚きこそが、「リカ」シリーズの魅力だと微笑む高岡さん。

「ちょっと目を離した隙に、どんどんストーリーが展開してしまう...。そういう面白さは絶対的にあると思っています」

取材・文=中村実香 スタイリスト=寳田マリ ヘアメーク=白川いくみ

たかおか・さき●'72年12月3日生まれ、神奈川県出身。'88年のデビュー以来、女優・歌手として活躍。近年は映画「ファーストラヴ」('21年)、ドラマ「リカ~リバース~」('21年、フジテレビ系)などに出演。

この記事の画像

放送情報

リカ
放送日時:2021年6月12日(土)17:30~
チャンネル:映画・チャンネルNECO
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!