林遣都が映画『犬部!』の撮影を振り返る「みんな顔が緩んでたと思います(笑)」

林遣都
林遣都

林遣都が主演を務めた映画『犬部!』が7月22日(木)に公開される。実話を元に描いた本作で林が演じたのは、動物が大好きで、行き場のない犬や猫を救うためのサークル「犬部」を立ち上げた獣医学部生・花井颯太。

中川大志、大原櫻子、浅香航大ら演じる獣医学部の仲間とたくさんの動物たちに囲まれ、青森県十和田の大自然の中で行われた撮影には「幸せだった」と口元をほころばせる。取材時には映画の中で相棒・花子を演じたちえも登場し、息ピッタリで撮影する姿も見せてくれた。そんな林に、映画『犬部!』について、そして役によって全く別人を演じ切る役作りについて聞いた。

写真撮影中も息ぴったりだった林遣都と花子役のちえ

――林さんが演じられた主人公・花井颯太は獣医師で、動物の保護にまい進しています。颯太のどんなところに魅力を感じましたか?

「まず惹かれたのは、自分の信念を曲げずに、目的を果たすために突き進むことができる心の強さです。動物に対する思いが強すぎるがゆえに、時に、向こう見ずな行動をとってしまったりすることもありますが、誰でもできることじゃない。そういう姿にきっと周りの人も惹かれるのだと思います。

また、しっかりと人を頼ることもできるところにも魅力を感じました。颯太は素直だから、自分の弱い部分を人に見せることができるんです。そこには嫌みのようなものは一切なくて、演じるときも屈託のなさが出せればと思いました」

――人を巻き込んでいく人ですね。颯太は学生時代に犬や猫を保護して譲渡する「犬部」を設立。花子という愛犬も飼っていますが、林さんご自身は、犬派ですか?猫派ですか?

「どちらかといえば、犬派です。祖父母や親戚の家に犬がいて、幼少期から犬が身近にいる環境で育ちました。犬だけではなく動物は大好きで、今はなかなか行けない状況ですが、以前は動物園にもよく行っていましたし、動物の出る番組もよく見ています」

――動物たちとの共演はいかがでしたか?

「絆を深めていく関係性を表現するという点では、人間の共演者と同じですが、初めて会う子たちと、短い期間で深いところまで分かり合うのは難しくて。

でもそういう中で、警戒していたのにシッポを振ってくれるようになったり、心を開いてくれる瞬間が見えたりするのがたまらなく嬉しかったです。今回はそういう出会いがあったので、それが映像に出ているといいなと思います」

――相棒である花子役のちえちゃんは、どれくらいで心を開いてくれましたか?

「ちえちゃんは経験豊富なプロなので、最初から撮影チームが求める以上に応えてくれて。想像以上に、いろいろな表現をしてくれました」

――とはいえ、たくさんの動物たちとの撮影では難しい場面もあったのでは?

「そうですね、でも、それすらも愛おしいというか(笑)。台本にいろいろ書いてあっても、全員がすぐできるとも思っていなかったので、待っている時間も愛しかったです。全然言うことを聞いてくれない時間も、それはそれで幸せな時間でした。

そうやってリアルな時間を過ごしていく中で見えた、動物にしかできない表情がいっぱいあるので、そこを一番見てほしいです」

――動物たちものびのび演じられたようですが、林さんも大自然の中でのびのびできたのではないでしょうか。

「そうですね、とても良いところでした。青森県十和田市でのロケだったのですが、緊急事態宣言開け直後の不安な時期に、地元の方たちが迎え入れて下さって。青森の自然の豊かさや、そんな状況下で協力してくださる方々の力があったからこその映画なので、感謝しています。

出演してくれた動物たちも東京から来た子がいて、長い移動で負担もあったと思うけれど、撮影の合間に一緒に散歩したりすると、動物たちものびのびとしていました。そうやって動物たちと一緒に過ごせたのは、良い時間でした」

――共演者の皆さんも同じ気持ちだったのではないでしょうか?

「動物が大好きな人達ばかりだったので、みんな顔が緩んでたと思います(笑)。真夏で大変な撮影でしたが、朝現場に入ると動物たちがいて。それだけでもう、いろんなことが忘れられるんです。『彼らが与えてくれるものは大きい』ということを皆さんと日々語り合いながら、『こんなに幸せな現場はないね』と話していました」

この記事の画像

映画情報

犬部!
出演:林遣都、中川大志ほか
7月22日(木)公開

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

衛星写真に写った海の色から産まれた海のクレヨン
スカパー!