木津つばさ平野良と俳優デビューまでを振り返る!「つらい経験が役者として生かされている」

MCの平野良と2.5次元舞台を中心に活躍する人気俳優が、ここでしか聞けない本音トークを繰り広げる情報バラエティ「2.5次元ナビ!」。日テレプラスで12月27日(月)から放送される#57は、舞台『刀剣乱舞』の博多藤四郎役や、舞台『東京リベンジャーズ』の花垣武道役で知られる木津つばさがゲスト。今回は、その収録の模様をお届けする。

「2.5次元ナビ!」に出演する平野良、木津つばさ、長江崚行
「2.5次元ナビ!」に出演する平野良、木津つばさ、長江崚行

(C)CS日テレ

まずは、番組リポーターのナビ隊!ブルーこと長江崚行が、最近上演された注目作をリポート。前回ゲスト・中尾暢樹が出演する「ライブ・スペクタクル『NARUTO-ナルト-』~うずまきナルト物語~」や、前々回ゲスト・植田圭輔が出演する『ワールドトリガー the Stage』などの魅力を、ゲネプロ映像とともに紹介していく。

ゲストトークのコーナーでは、約2年半ぶりの出演となる木津が、今回宣伝する舞台に合わせたストリートファッションで登場。まずは"づっつー"という木津のあだ名や、前回出演時の思い出話で盛り上がる。

続いては、今年8月に上演された舞台『東京リベンジャーズ』について。原作漫画は社会現象化するほどの大人気で、主人公の花垣武道を演じた木津は「どこに行っても、武道をやってるんでしょって言われます」と語った。原作ファンでもある平野が、とくにマイキーこと佐野万次郎役の松田凌がキャラクターにそっくりだったと言うと、木津が「ゲタに髪をおろした姿で来て、オーディションからマイキーだった」というエピソードを披露した。松田だけでなく、木津やキャストのほとんどが地毛で演じていたと知った平野は、「本当に(不良になりきって)やらないとあの雰囲気は出ないよね」と感心した様子。

(C)CS日テレ

そして、いよいよ舞台「SK∞ エスケーエイト The Stage」の話題へ。2部構成になっており、12月に第1部、来年1月に第2部が上演される本作で、木津は主人公・暦を演じる。攻撃や妨害など何でもありの架空のスケートボードレースで戦う高校生の物語で、プロのスケーターも参加すると聞いた平野は興味津々。というのも平野は、高校時代にプロを目指す友達と一緒にスケボーをしていた経験者なのだ。そこからスケボーのときに履く靴や、どうやって練習していたかなど、経験者ならではのトークが展開。スケボーを教えてほしいと頼んだ木津が、平野が「今はもう乗れないから。俺の高校時代って20年前だからね(笑)」と言われて驚くシーンもあった。

続いては、番組ディレクターが発掘してきた過去のインタビュー記事から、怪我でサッカーを辞めざるをえなくなり「本ばかり読む陰キャだった」という時代について平野が質問。「自分に自信がなかったので自己啓発本ばかり読んでいました」という中学生らしからぬエピソードも飛び出した。怪我でつらい気持ちを押し殺し、明るく振舞っていたこともあるという木津に、同じくつらい時期があったと語る平野は「そういう経験が役者として生かされている気がする」と共感。

その後は、中学での進路相談や、声優の専門学校でのレッスンなど、木津が俳優デビューを果たすまでの道を振り返った。平野が「それも運命だね」と表した意外な展開は、ぜひ番組をチェックしてほしい。さらに、木津の心配性な性格がよくわかるエピソードや、最近のオフの過ごし方などで話が弾んだ。とくにこの2年半での変わりように平野が衝撃を受けた、ポケモンカードの話は必見だ。

(C)CS日テレ
(C)CS日テレ

――収録を終えられての感想をお聞かせください。

木津「2年半ぶりということで緊張していたんですが、普段インドアなタイプなのでこうやってプライベートなお話をすることができて嬉しかったです。ちょっと心配なのは、僕の身の上話ばかりになっちゃって、舞台の宣伝がちゃんとできたかなってことですね......(笑)」

――平野さんとのトークでとくに印象に残っていることは何ですか?

木津「平野さんがスケートボード経験者というのが、すごく意外でした。平野さんも高校生のころ、今日の僕みたいにストリートっぽいファッションをしていたのかなぁ。すごく意外な一面が見られましたし、経験者ならではの話で盛り上がれてよかったです」

文=中島文華

放送情報

2.5次元ナビ!#57
放送日時:2021年12月27日(月)20:00~ほか
チャンネル:日テレプラス
※放送スケジュールは変更になる場合がございます

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

この記事の画像

キャンペーンバナー

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事