玉木宏主演、警視総監の座を巡る出世バトルを描いた社会派サスペンス「桜の塔」

過去の傷を背負いながら職務を全うしようとするベテラン新聞記者や、元極道の専業主夫など、シリアスからコメディまで幅広い役柄を圧倒的な存在感で演じてきた玉木宏。なかでも、数々のドラマや映画で実直な刑事を好演してきたことでも知られている存在だ。そんな玉木を主演に迎え、警視庁の頂点=警視総監を巡る組織内のパワーゲームを軸に、野望と正義が入り乱れる究極の人間ドラマを描いたドラマが「桜の塔」だ。

「桜の塔」で捜査共助課・課長を演じる玉木宏
「桜の塔」で捜査共助課・課長を演じる玉木宏

(C)テレビ朝日

2016年、東京都内の銀行で一般市民を人質に取った立てこもり強盗事件が発生。警視庁刑事部捜査一課の主任・水樹爽(広末涼子)は部下の富樫遊馬(岡田健史)らを率い、事件現場を包囲。現場からの連絡を受け、地方大学出身の「外様派」刑事部長・千堂大善(椎名桔平)は警備部所属の特殊急襲部隊「SAT」の出動を要請する。しかし、彼と共に次期警視総監の座を争う「薩摩派」警備部長・権藤秀夫(吉田鋼太郎)と「東大派」警務部長・吉永晴樹(光石研)という、警視庁のスリートップが繰り広げる"それぞれの思惑をはらんだ話し合い"は決裂。そうこうしているうちに、覆面をかぶった犯人が人質の1人に発砲しただけでなく、裏口から逃走してしまう。そんな状況下でも、警視庁捜査共助課の理事官・上條漣(玉木宏)は極めて冷静に、隙のない理論でSATを出動させなかった理由を説明。そればかりか、現場の刑事たちが見抜けなかった"犯人特定の手がかり"をも提示する...。

(C)テレビ朝日

玉木が演じるのは、幼少期の"ある出来事"が火種となり、権力を手に入れることを渇望するようになった上條漣。「警視総監になる」という野望の足がかりを作るためならば、どんなに汚い仕事もためらうことなく遂行するという野心家な男をクールな表情といつもよりも低めの美声で表現した。

(C)テレビ朝日

この役を演じるにあたり、「漣はきっと熱い部分を持っているのだけれど、それを悟られないようにコントロールしている男。冷静に見せるということは、ともすればフラットな演技に見えがちなので、そうならないようにどうしようか...と考えているところです。誰といるかによって、漣の中にある温度差も表れてくるような気がしますので、皆さんと一緒にお芝居をするのが待ち遠しいです」(ドラマ公式サイトより)というコメントを残した玉木。その言葉通り、主人公・上條漣の幼馴染で、正義感に燃える警視庁捜査一課の水樹爽役の広末との共演シーンでは、ただの仕事仲間とは異なる柔らかい表情とリラックスした雰囲気を見せる。その一方で、上司の愛娘でもある千堂優愛役の仲里依紗との会話では、クールな表情の中にも少年のような無邪気さを潜ませるなど、大人の男性にしか出すことのできない多面的な魅力を見事に体現した。

権力闘争の中心に鎮座する面々を演じる光石、吉田、椎名のほか、森崎ウィン、橋本じゅん、高岡早紀など、超豪華キャストが集結。また、「ドラえもん」のスネ夫役などでも知られる声優・関智一が、警視庁刑事部捜査第一課長・牧園隆文役を熱演しているのも見逃せない。

(C)テレビ朝日

(C)テレビ朝日

桜の代紋を掲げる警察で巻き起こる、警視総監の座を巡る出世バトルを描く社会派サスペンス。いつも以上にクールな玉木の演技が冴える、重厚なドラマを堪能して欲しい。

文=中村実香

放送情報

桜の塔
放送日時:2022年7月23日(土)7:00~
チャンネル:テレ朝チャンネル1
※放送スケジュールは変更になる場合がございます

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

この記事の画像

キャンペーンバナー

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事