高橋一生がクールながらも正義感あふれる役柄を好演した映画『空飛ぶタイヤ』

ドラマ「インビジブル」で主演を務め、事件解決のためなら荒っぽい手段もいとわない刑事を演じ、アクションシーンも含め、これまでにないタイプの役に挑戦した高橋一生。そんな高橋が、長瀬智也と久しぶりの共演、そしてディーン・フジオカと初共演を果たしたのが映画『空飛ぶタイヤ』だ。

映画『空飛ぶタイヤ』に出演する高橋一生とディーン・フジオカ
映画『空飛ぶタイヤ』に出演する高橋一生とディーン・フジオカ

(C)2018「空飛ぶタイヤ」製作委員会

同世代3人の俳優が揃い、華やかな顔ぶれという意味でも話題を集めた本作の原作は「半沢直樹」「陸王」などでおなじみの池井戸潤のベストセラーとなった同名小説。映画化にあたりメガホンをとったのは『超高速!参勤交代』『居眠り磐音』の本木克英。高橋が本作で演じているのは、大手自動車会社・ホープ自動車のグループ会社であるホープ銀行の営業本部、調査役の井崎で、事件を解決に導いていくキーマンの1人。高橋が長瀬やディーンと直接絡む場面はないものの、長瀬とは2000年に放送された伝説のドラマ『池袋ウエストゲートパーク』、2001年に放送された「ハンドク!!!」から10年以上の時を経て再共演という点でも貴重な映画となった。

■大企業に真っ向から立ち向かう長瀬の男気と、冷静な正義の男を演じる高橋

長瀬演じる運送会社の社長・赤松の平和な日常は、トラックの脱輪事故により一変する。走行中に外れたタイヤは晴れた空の中を飛んでいってしまい、歩道を歩いていた女性が巻き込まれ即死。事故の原因はトラックの整備不良とされ、赤松はその責任を問われることになる。しかし、整備に不備は無かったと主張する赤松は、3年前にも同様の事故が群馬で起きていたことを知り、ホープ自動車の車両に問題があるのではないかと、ホープ自動車販売部の課長・沢田(ディーン・フジオカ)に連絡をとることに――。

社員や家族の人生を背負いながら、泣き寝入りをせずに大企業と対決する熱血漢でピュアな性格の赤松は長瀬にぴったりの役どころだ。高橋演じる井崎は、ホープ自動車のきな臭さを見抜き、長いものには巻かれずに時間をかけて冷静な判断をしていく男。長瀬が真っ直ぐな人情家なら、ディーンは大企業の社員という立ち位置と良心の間で揺れる男、高橋は納得できないことは追求していく男と、三者三様の視点から不正に迫っていく。

■融資を迫るグループ企業にも毅然とした態度を貫く井崎

(C)2018「空飛ぶタイヤ」製作委員会

大学の同級生で現在は週刊誌の記者をしている榎本優子(小池栄子)に呼び出され、ホープ自動車から内部告発があったことを知った井崎。このことが記事になったら会社は窮地に陥るだろうと言われ、もともと持っていた疑問をさらに強く持つようになる。ホープ自動車の常務(岸部一徳)から圧をかけられても、実績を鵜呑みにするわけにはいかないと答え、銀行の上司に「人が1人死んだんですよ。なんで、そんな会社を助けなきゃいけないんですか?」と毅然と意見を述べる場面は印象的だ。赤松は事故の被害者の夫に罵られ、生き残った子供が書いたお母さんへの想いに涙を流し、沢田も赤松とのやりとりで、どこかで事故を他人事に思っていた自分に気づくように。

クールな表情の奥に良心を感じさせる高橋の演技に注目だ。

文=山本弘子

この記事の画像

放送情報

空飛ぶタイヤ
放送日時:2022年8月26日(金)18:30~
チャンネル:WOWOWシネマ
※放送スケジュールは変更になる場合がございます

高橋一生の放送情報はスカパー!公式サイトへ

キャンペーンバナー

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事