黒島結菜が見せる物憂げな表情が印象的!「ちむどんどん」とギャップのあるヒロイン像

「サクラダリセット 前篇」
「サクラダリセット 前篇」

9月30日(金)に連続テレビ小説「ちむどんどん」が最終回を迎える。黒島結菜は故郷・沖縄の料理に夢をかけた主人公・比嘉暢子を演じきり、ヒロインという大役を全力で駆け抜けた。デビューから約10年、様々な作品でヒロインを演じ、黒島は若手ホープとして高く評価されている。

ドラマ「アシガール」(2017年)の戦国時代にタイムスリップした女子高生役や、第43回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した周防正行監督作『カツベン!』(2019年)の駆け出しの女優役など、これまでも印象に残る演技を披露してきた。そんな中、SF青春ミステリーのヒロインとして輝きを放ったのが、前後篇で映画化された『サクラダリセット』(2017年)だ。

本作はTVアニメ化もされた河野裕による人気ライトノベルシリーズが原作。『神様のカルテ』(2011年)などで知られる深川栄洋監督により実写映画化された。舞台は超能力者が集う街・咲良田。住人たちの力は管理局によって慎重に監視・制御されていたが、世界を最大3日分巻き戻せる超能力"リセット"を巡り、物語が展開する。人々を救おうと奔走する少年と少女の活躍と運命が瑞々しく描かれた。

前篇で配置された伏線が回収される「サクラダリセット 後篇」
前篇で配置された伏線が回収される「サクラダリセット 後篇」

(C)2017 映画「サクラダリセット」製作委員会

黒島は「リセット」の一言で世界を最大3日分巻き戻せる能力を持つ少女・春埼美空を演じた。巻き戻すと自分の記憶も戻ってしまうため、世界が改変されても記憶を忘れない記憶保持の力を持つ少年・浅井ケイと共に行動している。過去と現在を行き来するという難解なストーリーで、春埼はリセットという重要な能力ゆえに物語の鍵を握っていると言えるだろう。

同時に、ケイへ抱く複雑な恋心と2年前のリセットの影響で同級生の相麻菫が死んでしまうという過去への自責の念と後悔も抱える難役でもある。そんな控えめで大人しい春埼の複雑な感情を、黒島が細やかに表現。人の悲しみを消せた時の小さな微笑みや物憂げな横顔、伏し目がちな表情からは、未来への不安や過去の悲しみが伝わってくる。ふとした表情に、彼女の持つ純粋な優しさや葛藤、高校生らしい幼く青い内面も表れているようだった。

放送情報

サクラダリセット 前篇
放送日時:2022年10月15日(土)16:15~
サクラダリセット 後篇
放送日時:2022年10月15日(土)18:00~
チャンネル:WOWOWシネマ
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

この記事の画像

キャンペーンバナー

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事