落合博満が語る新CMのWEB用動画も必見!「パ・リーグ篇」

堺雅人と夏目三久の質問にプロ野球解説者・落合博満が答える、「スカパー!プロ野球セット」の新テレビCM「交流戦」篇が現在オンエアされている。

スカパー!の公式サイトでは、CMでは伝えきれなかった落合のコメントを球団別の動画として公開してきたが、このWEB用動画にも新作が登場。球界のレジェンド・落合が、各球団の突っ込んだところまで語る解説は必見だ。

今回は、パ・リーグ6球団に対する珠玉のコメントを抜粋して紹介する。オリックスには中軸打順の固定化を、千葉ロッテには風を味方にした戦い方を提言!? 

福岡ソフトバンクホークスの内川聖一選手が今シーズン2000本安打を達成しました。内川選手のバッティングをどう見られていますか?
「(中日の)監督になって対内川を見たとき、ヒットもフォアボールも一緒なんだから別にヒットを打たれる分にはいい、そういう考え方をしていました。これがホームランバッターだったらそういうわけにはいきませんけど。『これもうまいこと打ったなあ、このボールも打つのか』と、そういう感じで彼を見ていました。ヒットだけ打つ技術なら、今の野球界ではナンバーワンだろうと思います」

埼玉西武ライオンズの4番、好調の山川穂高選手のままでいいという声が多いです。いかがお考えですか?
「いいんじゃないですか。それと山川だけじゃなくて、今の打線を見ていて変えるところは一つもないんだろうと思います。今の好調な打線は、相手ピッチャーからすると嫌だろうと思います。ただ、いつまで好調さが続くんだろうと考えると、交流戦が分岐点になる可能性もなくはないと思います」

東北楽天ゴールデンイーグルス、抑えの松井裕樹投手の調子がいまいち上がりません。何か悪いところでもあるんでしょうか。
「これは完全にチーム状況に引っ張られているというところなんでしょう。だから、極端に何が悪くなったということではない。これだけチームの負けが込んでいるから、何とかこのゲームを抑えなきゃいけないという思いが強すぎて、普通の精神状態でマウンドに上がっていないんだろうと思います。悪いほう悪いほうに考えてしまっているんじゃないのかな」

オリックス・バファローズが交流戦以降で勝ち星を積み上げるには、どういうことが必要でしょうか。
「外国人選手がホームランを打ったりしているけど、なかなか率が上がっていない。そういう状態が続いているので、誰を我慢して使うかというのが、監督の一番頭の痛いところじゃないのかな。何試合かスタメンからT-岡田が外れていたけれど、やっぱり岡田は使い切らないと打線に重みというか幅が出てこない。外国人除いて唯一ホームランを量産できるバッターなので、彼は調子が悪くてもクリーンアップに置くような打線を、時間をかけながら固定させていくというのが一番の早道なのかなと思います」

北海道日本ハムファイターズ、中田翔選手がファーストではなくレフトを守ることについてはどう思われますか?
「当然だと思います。清宮(幸太郎)を獲るということはその含みはあったはずだしね。まして、中田は下手でファーストにきたという選手じゃない。チーム事情でコンバートされただけで、あの守備力があればそのままレフトでもよかったんです。何個かのポジションを守れるほうが使いやすいので、(今季レフトを守るのは)いいんじゃないですか。
 内外野両方守ったことのある人から『内野手は距離が近いから緊張感がある。ところが、外野はボール飛んでくるまで時間があるから、のんびり野球に入ってしまう』ということをよく聞きます。外野に行っても緊張感を持って守ったら、きっといい外野手になるんじゃないのかなと思う」

千葉ロッテマリーンズが交流戦以降で勝ち星を積み上げるには、どういうことが必要でしょうか。
「やっぱり機動力使わなきゃいけないんでしょうね。それと、今のロッテの選手たちは、あの球場(ZOZOマリンスタジアム)特有の風をうまいこと利用しているのかな、なんか風とけんかしているような。前いたメンバーはあの風の使い方がうまかった。だから、それも戦い方の一つに加えてもいいんじゃないかと思う。負けるときは大敗してもいい。ただ、勝つときは1点差を守りきって勝たなきゃいけない。ロッテは今、そういう野球をやらなければいけないんじゃないのかな」

文=長昌之 撮影=宮川朋久

この記事の画像

放送情報

プロ野球 セ・パ交流戦

放送日時:2018年5月29日(火)~
チャンネル:プロ野球セット
※放送スケジュールは変更になる場合がございます。

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

記事に関するワード

この記事をシェアする

関連人物

関連記事

関連記事

人気の記事ランキング

ランキングをもっとみる

スカパー!